バレたくないならモビット!
モビット
・即日融資も可能♪
・電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

モビットがおすすめな理由を読む
モビットで即日融資(土日含む)を受けるための条件を読む

どうやったらカードローン審査に通過するかはどうしてカードローン審査に落ちてしまうのかを知ることから始まる

カードローンを利用してお金を借りたい。でも、カードローン審査に自分が通過するのか不安だ。

当記事をお読みの方はそのような悩みをお持ちであると思います。

孫子の兵法書という書物には「敵を知り己を知らば百戦危うからず」という言葉があります。それをカードローン審査にあてはめると、借入審査の仕組みおよびカードローン審査に落ちてしまう原因を知ることから始まると言えるでしょう。

カードローン審査に落ちてしまう原因は以下の4通りです。

① 過去に金融事故を起こしてしまっている

② スコアリングが足りていない

③ 年収の3分の1を越える借入をしようとしている

④ 同時に複数の金融機関に申し込みをしてしまった

① 過去に金融事故を起こしてしまっている

①のように過去に金融事故を起こしてしまっている場合は審査に通過しません。状況や内容にもよりますが、5年間は信用情報機関と呼ばれる信用機関に情報が記録されているためその期間はカードローン審査には通過しません。

情報開示請求もできるため、自分の情報がどのように記載されているかを見ることもできます。ただし、何度も情報開示請求をすると過去に金融事故を起こした可能性が高いと判断されるため、 審査には不利になってしまうということも知っておいて良いかも知れません。この点詳しくは別記事をご参照いただければと思います。

関連:カードローンと信用情報機関

② スコアリングが足りていない

②スコアリングと聞いてほとんど、というよりほぼ全ての方はピンとこないと思います。カードローン借入審査の仕組みはスコアリングシステムと呼ばれる一種の評価システムを採用しています。この点については後程詳しく説明させていただくのですが、かなり詳細に書きましたため読むのが面倒くさい、てっとり早く借りたいという方は、審査通過率の高いアイフルかお勤め先確認の際に電話連絡なしで申し込みのできるモビットに申込をするのが良いでしょう。

様々な項目で算出されるスコアリングはカードローンの貸し出し可否、貸し出しの上限額、適応される金利を決定する要素となっています。通常、上限金利の低い銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいですが、これは銀行カードローンに要求されるスコアリングが高いことが背景にあるためです。

③ 年収の3分の1を超える借入をしようとしている

現在最も物議を醸している部分です。

消費者金融・クレジット会社・信販会社は貸金業に分類される金融機関であるため、貸金業法に定めのある総量規制(貸金業者は借入希望者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならない)の影響を受けます。

一方銀行カードローンは銀行法が適用法ですので、法律上は年収の3分の1を超える貸付を行うことはできます。ですが、銀行を管轄する金融庁がこの部分を危惧しており、現在各銀行に向けて過剰融資を抑えるよう注意を促しています。現在では事実上年収の3分の1を超える借入は不可能だと言えるでしょう。

古代メソポタミア文明の出土品である粘土板には、かつてバビロニアでは年収の33%を超える稲の貸付は禁止であった旨が記載されています。本来年収の3分の1を超えると借入は返済不可能になるラインだと言えますので、現在すでに借り入れがあり、もしくは新たな借入において年収の3分の1を超えるような場合には基本審査に通過しないと考えた方がよいでしよう。

④ 同時に複数の金融機関に申し込みをしてしまった

こちらも後述いたしますが絶対にNGなのでやめましょう。

当該審査も通らないだけではなくこの先の借入審査も通らなくなる可能性があるため絶対にやめましょう。

大事なことですので2回言いました!!

カードローン借入審査の仕組みはスコアリングシステム

 

借り入れ 審査

 

カードローンの借入をする際には当然のように審査があり、利用の可否は基本的に与信スコアリングによって判断されます。

与信スコアというのは聞きなれない言葉だと思いますが、金融機関がお金を貸す際に判断する基準のことです。

2種類の与信スコアリング

借入の際の審査基準となる与信スコアリングには「属性スコアリング」と「信用情報スコアリング」の2種類が存在しています。

属性スコアリングは年収や勤務先など本人の所属している環境に関する情報のことで、対する信用情報スコアリングは取引の実績や期間など本人の金銭面での情報に関することを言い、この2種類の情報を文字通りスコアリング(点数付け)することによって希望者のカードローン借入が可能かどうかを金融機関は審査します。

属性スコアリング

与信スコアリングを構成する2種類のスコアリングのうち、主に借入の際審査に重要となる属性スコアリングには以下の項目が存在しています。

・年収

・勤務先

・雇用形態

・健康保険証の種別

・勤続年数

・住居の形態および居住年数

・家族構成

属性スコアリングについて詳しく読む

信用情報スコアリング

 

カードローン

 

属性スコアリングは主に返済能力についての情報だと言えますが、こちらは良い顧客になってくれるかどうかの基準だと考えればわかりやすいと思います。

与信スコアリングを計測するためのもう一つの基準信用情報スコアリングには以下のような基準があります。こちらは借入審査時は勿論ですが、増額審査や金利引き下げ審査など借り入れが始まってからの途上与信(モニタリング)に大きな影響を与えます。

信用情報スコアリングについて詳しく読む

 

実際にカードローン審査に通過しなかった例と弊社の見解

実際にカードローン審査に通過しなかった例を見てみましょう。

*以下の体験談はクラウドサービスにて募集いたしました。

Case.No1

続きを読む

カードローンの借入審査に通過した例と通過しなかった例を比較

続きを読む

 

在籍確認って何? いつ行われるの?~在籍確認と即日融資~

カードローンの審査において避けて通れないのが在籍確認です。

続きを読む

在籍確認はどのように行われる? バレる可能性は? 在籍確認のないカードローンはあるの?

カードローンの利用をする場合知り合いや家族、ましてや会社の同僚や上司に知られたくないという方がほとんどだと思います。

在籍確認は99%以上のカードローンにおいて電話で行われ、その方法は貸金業者と銀行で少々異なります。

続きを読む

 

カードローンの審査基準

カードローンの具体的な審査基準を公表している金融機関はありませんが、一般的に審査難易度は銀行カードローン>>信販会社のカードローン>クレジット会社のカードローン>消費者金融カードローンの順になると言われています。

カードローンの審査基準詳しく読む

カードローン借入審査に関してよくあるQ&A

カードローンの借入においてよくある疑問と答えを記載したいと思います。

Q 借入の際担保や保証人は必要になるの?

A カードローンの借入には担保も保証人も必要ありません

あらゆる借入において、担保や保証人が必要となるのが我が国の貸金業の基本となります。

住宅ローンや自動車ローンではそれぞれ不動産及び動産が担保になりますし、奨学金の借入にも保証人が必要になります。

一方カードローンにおいては担保・保証人ともに必要のない借入となっており、そのため審査の時間はとても早く最短で即日融資も可能なサービスもある反面貸付をする側のリスクが高いと言えるためその分金利も高めに設定してあります。

Q クレジットカードの滞納はカードローンの借入審査に影響する?

A 滞納の状況によっては大きく影響します

続きを読む

Q 携帯電話料金が未納だと審査に影響がでる?

A 影響が出る場合もあります

ここは少し複雑な問題です。

携帯電話料金をクレジットカードで支払っている場合は前項でお答えしたような影響がでます。

銀行引き落としなどで毎月の携帯電話料金を支払っている場合で影響がでるのは携帯電話端末料金を分割で支払っている場合になります。

この場で説明させていただくには話が長くなるので細かい話は当サイトの「携帯電話料金の支払い滞納はカードローン審査に影響するのか?」を御覧いただければと思います。

Q 奨学金が返済できないと審査に影響する?

A する場合があります

2017年現在大きな社会問題となっている「奨学金問題」ですが、平成21年度以降奨学金の借入をした方は基本的に影響があります。

この部分も説明すると長くなるため当サイトの「奨学金とカードローン審査の関係」という記事をお読みいただければと思います。

カードローン申し込み時に絶対にやってはいけないこと

 

カードローン借入審査

 

カードローンの申し込み時に絶対にしてはいけないことは次の2点です。

・虚偽の情報で申し込む

・同時に複数のカードローンに申し込む

虚偽の情報で申し込む

誰がどう考えてもダメなのですが、結構やってしまう人がいます。

年齢や年収、勤務先といった情報はスコアリングシステムの基幹となる情報です。

もしもそれらを偽って申し込んだ場合、信用情報機関を通じて各金融会社に情報が共有され、以降の借入はできなくなると思った方がよいでしょう

審査に通過する見込みもなく、最悪詐欺罪の構成要件を満たし、刑事罰が適用される可能性があるため絶対にやめましょう。

 

同時に複数のカードローンに申し込む

これはやってしまいがちですし、人によっては何がいけないの?と思うかも知れませんが、貸付を行う側からすると虚偽の情報で申し込むのと同レベルでやってはいけないことです。

これをやってしまうと100%審査に通りませんので注意しましょう

上記いたしました通り、消費者金融は貸金業法の総量規制の影響を受けます。

仮に年収300万の人が3社から50万円ずつ借入をしたとします。

この場合1社だけで見ると総量規制内で貸し付けていますが合計で年収の3分の1を超えてしまい、貸付をした消費者金融側に行政処分が下されます。

もちろんそういった事態を避けるために貸付側は信用情報機関に情報を照会する義務を負っていますし、借入は絶対に成功しません。

のみならず同時に申し込みをした情報は残るため、以降借入をすることはできないと言ってよいでしょう。

総量規制のない銀行のカードローンなら大丈夫かというとそうではなくて、先述いたしました通り他社からの借入は重要な判断材料となるため、その部分が不確定要素となれば貸付をする側のリスクは飛躍的に高まります。

基本的に貸付を行う側が重要視するのは「貸付が返済されるか?」という点ですので、わざわざ無用のリスクをとることなどないのです。

同時に申し込みをすることは百害あって一利なしですので、カードローンの借入申し込みは必ず1社ずつにしましょう。

実は消費者金融のカードローンの方が良い理由~銀行カードローン審査の厳格化~

就職面接を受ける際「他のどの会社の内定をもらっていますか?」と聞かれることがあります。ここで大手企業の名前がでると評価が高まりますが、内定がないと言うと評価は下がります。極端な例では超大手企業の内定が出た瞬間他の会社から面接通過の連絡が入ったということもあるぐらいです。

カードローン審査でもこれに近いことが起きます。

「上限金利の低いサービスから申し込んでいけばいい」

一見合理的な判断であるようですが、実際には自分の首を絞めてしまう行為です。

どうしてかと言いますと、他のカードローンに申し込んだことは信用情報機関に記録されます。各金融機関は借入の申し込みがあった際には信用情報機関へ情報の登録・照会を行う必要があるため、他のカードローンに申し込んだ日時などもわかるようになっています。

そして、他のカードローン審査に落ちたという情報は明らかにスコアリングを低める結果となります。先述した信用情報スコアリングが下がってしまいます。

他の会社がいらないならうちもいらない、という理屈ですね。

他の金融機関が貸付を行わなかったということは、それなりのリスクがあると判断されたからに他なりません。

カードローンはそもそもが非常にリスクの高い金融商品です。見ず知らずの人に無担保で、しかも保証人もつけずにお金を貸すわけですので、その審査は当然慎重にならざるを得ず、少しでも返済不能のリスクを感じたらお金は貸せません。

そういった意味で、金利が低い方から順にお金を借りようとするとどんどん信用情報スコアリングが落ちていってしまい結局お金が借りられないという事態にもなりかねません。

しかも現在は金融庁からのお達しを受けて、各種メガバンクは貸し出しにかなり消極的な姿勢を取らざるを得ません。

金利の低い銀行カードローンは魅力的ですが、そういった意味では審査通過率の高い消費者金融の方が実はおすすめだと言えます。

ただし、消費者金融は総量規制の影響をモロに受けるため収入のない専業主婦などの方はお申込みが出来ませんので注意しましょう。

目的別おすすめカードローン

審査通過率で選ぶならココ

審査通過率で選ぶならアイフル!
アイフル・申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結
・1000円~500万円から融資可能。(一部提携のATM.CDでは10000円~。)
・身分証明書・在籍確認の書類はWEBアップロードでOK
・ローンカードは指定時間に配達可能
・安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
・最短即日融資も可能
・1秒診断が便利

アイフル審査

アイフルの審査や口コミについて詳しく見る

アイフルがおすすめの理由を見る
アイフルでの申し込み・借入方法について読む
アイフルの口コミを見る

正社員の方・スコアリングに自信のある方はこちら

正社員には大人のカードローンオリックス銀行がおすすめ!
オリックス銀行

・ウェブ完結可能
・借入残高が30万円以下なら月々7000円からの返済も可能
・来店、口座開設不要

オリックス銀行カードローン審査

 

⇒オリックス銀行カードローンの審査や口コミについて詳しくみる

オリックス銀行が正社員におすすめの理由を見る

 

土日を含めた即日融資も可能なカードローンはこちら

モビットなら土日を含めた即日融資も可能!
モビット
・即日融資も可能♪
・電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビットで即日融資(土日含む)を受けるための条件を読む

専業主婦の方はこちら

充実のサービス内容スルガ銀行リザーブドプラン
スルガ銀行・即日振込
・スルガ銀行に口座がなくても利用できる
・Web完結手続き不要
・専業主婦でも借りられる
・消費者信用団体保険を付保できる
・がん保証特約付き


スルガ銀行リザーブドプラン

スルガ銀行がおすすめの理由を見る

バレないカードローンはこちら

バレたくないならモビット!
モビット
・即日融資も可能♪
・電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビットがおすすめな理由を読む

 

迷ったらココ

正社員には大人のカードローンオリックス銀行がおすすめ!
オリックス銀行

・ウェブ完結可能
・借入残高が30万円以下なら月々7000円からの返済も可能
・来店、口座開設不要

オリックス銀行カードローン審査

⇒オリックス銀行カードローンの審査や口コミについて詳しくみる

インターネットにて申し込みが完結するオリックス銀行カードローンがおすすめのカードローンとなっています。

オリックス銀行カードローンがおすすめの理由を見る