カードローン借入審査の仕組みはどうなっているの?

 

借り入れ 審査

 

カードローンの借入をする際には当然のように審査があり、利用の可否は基本的に与信スコアリングによって判断されます。

与信スコアというのは聞きなれない言葉だと思いますが、金融機関がお金を貸す際に判断する基準のことです。

 

2種類の与信スコアリング

 

借入の際の審査基準となる与信スコアリングには「属性スコアリング」と「信用情報スコアリング」の2種類が存在しています。

属性スコアリングは年収や勤務先など本人の所属している環境に関する情報のことで、対する信用情報スコアリングは取引の実績や期間など本人の金銭面での情報に関することを言い、この2種類の情報を文字通りスコアリング(点数付け)することによって希望者のカードローン借入が可能かどうかを金融機関は審査します。

 

属性スコアリング

 

与信スコアリングを構成する2種類のスコアリングのうち、主に借入の際審査に重要となる属性スコアリングには以下の項目が存在しています。

 

・年収

・勤務先

・雇用形態

・健康保険証の種別

・勤続年数

・住居の形態および居住年数

・家族構成

属性スコアリングについて詳しく読む

信用情報スコアリング

 

カードローン

 

属性スコアリングは主に返済能力についての情報だと言えますが、こちらは良い顧客になってくれるかどうかの基準だと考えればわかりやすいと思います。

 

与信スコアリングを計測するためのもう一つの基準信用情報スコアリングには以下のような基準があります。こちらは借入審査時は勿論ですが、増額審査や金利引き下げ審査など借り入れが始まってからの途上与信(モニタリング)に大きな影響を与えます。

信用情報スコアリングについて詳しく読む

 

 

在籍確認って何? いつ行われるの?~在籍確認と即日融資~

カードローンの審査において避けて通れないのが在籍確認です。

続きを読む

在籍確認はどのように行われる? バレる可能性は? 在籍確認のないカードローンはあるの?

カードローンの利用をする場合知り合いや家族、ましてや会社の同僚や上司に知られたくないという方がほとんどだと思います。

在籍確認は99%以上のカードローンにおいて電話で行われ、その方法は貸金業者と銀行で少々異なります。

続きを読む

 

カードローン申し込み時に絶対にやってはいけないこと

 

カードローン借入審査

 

カードローンの申し込み時に絶対にしてはいけないことは次の2点です。

 

・虚偽の情報で申し込む

・同時に複数のカードローンに申し込む

 

虚偽の情報で申し込む

 

誰がどう考えてもダメなのですが、結構やってしまう人がいます。

年齢や年収、勤務先といった情報はスコアリングシステムの基幹となる情報です。

もしもそれらを偽って申し込んだ場合、信用情報機関を通じて各金融会社に情報が共有され、以降の借入はできなくなると思った方がよいでしょう

審査に通過する見込みもなく、最悪詐欺罪の構成要件を満たし、刑事罰が適用される可能性があるため絶対にやめましょう。

 

同時に複数のカードローンに申し込む

 

これはやってしまいがちですし、人によっては何がいけないの?と思うかも知れませんが、貸付を行う側からすると虚偽の情報で申し込むのと同レベルでやってはいけないことです。

これをやってしまうと100%審査に通りませんので注意しましょう

上記いたしました通り、消費者金融は貸金業法の総量規制の影響を受けます。

仮に年収300万の人が3社から50万円ずつ借入をしたとします。

この場合1社だけで見ると総量規制内で貸し付けていますが合計で年収の3分の1を超えてしまい、貸付をした消費者金融側に行政処分が下されます。

もちろんそういった事態を避けるために貸付側は信用情報機関に情報を照会する義務を負っていますし、借入は絶対に成功しません。

のみならず同時に申し込みをした情報は残るため、以降借入をすることはできないと言ってよいでしょう。

総量規制のない銀行のカードローンなら大丈夫かというとそうではなくて、先述いたしました通り他社からの借入は重要な判断材料となるため、その部分が不確定要素となれば貸付をする側のリスクは飛躍的に高まります。

基本的に貸付を行う側が重要視するのは「貸付が返済されるか?」という点ですので、わざわざ無用のリスクをとることなどないのです。

同時に申し込みをすることは百害あって一利なしですので、カードローンの借入申し込みは必ず1社ずつにしましょう。