バレたくないならSMBCモビット!
モビット
・土日祝日の即日融資も可能♪
・WEB完結なら電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

SMBCモビットがおすすめな(バレない)理由を読む

SMBCモビットのお勧めポイントは勤め先確認の際に電話連絡がない点です。

すべてのカードローンサービスには在籍確認が存在し、モビットを除くサービスは職場への電話連絡が必須となっています。貸金業法も銀行法も第三者への借入事実を知られることを禁じていますが、職場の状態や電話に出る人によってはカードローンの借入に気づかれる可能性は否定できません。

また、カードローンの利用は自宅に届く郵送物によって家族にバレる可能性があります。多くのカードローンサービスには本人確認郵送物の受け取りが利用の条件となっており、家族にカードローンの利用を知られたくない人にとっては障壁となってしまいます。

SMBCモビットでは、返済用口座として三井住友銀行か三菱UFJ銀行あるいはゆうちょ銀行をあらかじめ用意してかつWebでの申し込みを行えば郵送物なしでの利用が可能となっていますので、カードローンの利用を知られたくないという人にとっては最上のカードローンであると言えるでしょう。

平日の14:50までに振り込み手続きが完了すれば、即日融資も可能である点も今すぐ利用したい人の多いカードローンのメリットが活かされていると言えますね。

ただ、デメリットというほどではありませんが、モビットに申し込む際には借入金額に関係なく以下に挙げるいずれかの収入証明書が必要になります。

・源泉徴収票

・税額通知書

・所得証明書

・確定申告書

・給与明細書(直近2年分および直近1年分の賞与明細書)

電話連絡なし郵送物なしで借入が可能な反面提出すべき書類が多いのもモビットの特徴だと言えますね。

審査通過最低目安(推定);過去に金融事故を起こしていない、支払いの遅延などを行っていない前提で年収200万円以上かつ勤続年数最低1年以上で新たな借入で総量規制に抵触しない。また、コツとしては初回は少なめの借入上限額を設定する

*あくまでも推定です。のちに詳述するようにカードローンの借入審査は複合的な要素で判断されますので、上記条件を満たしたからといって審査に必ず通過する訳ではありません。また、自営業ですと審査は厳しくなり2年以上の運営期間は必要になると思われます。自営業の方はビジネスローンを利用しましょう。

関連:SMBCモビットの審査、評判、口コミ、返済方法などについて詳しく見る

SMBCモビットで即日融資(土日含む)を受けるための条件を読む

SMBCモビットで即日融資を受ける場合には基本的に「Web完結申し込み」「カード申込」共に14:50までに振り込み手続きが完了している必要があります。

それ以外の時間帯、すなわち平日14:50以降もしくは土日祝日に即日融資を受ける際にはWeb完結申し込みではなくカード申込をパソコン・スマートフォンから申し込んだ後ローン申し込み機にてカードを受け取る必要があります。

ローン申し込み機は駅前や街中などにあり、21:00までの営業となっています。

*2017年10月2日より三井住友銀行のローン契約機でもモビットカードローンの申し込みとカード受け取りが可能となりました。

モビット契約機

中には受話器も備え付けてあり、オペレーターへの問合せもできます。カードが発行されたら全国130000台以上(2017年6月現在)あるATMから出金が可能となります。三井住友銀行ATMを利用すると手数料がかからないためおすすめです。

プロミス受話器

 

どうやったらカードローン審査に通過するかはどうしてカードローン審査に落ちてしまうのかを知ることから始まる

カードローンを利用してお金を借りたい。でも、カードローン審査に自分が通過するのか不安だ。

当記事をお読みの方はそのような悩みをお持ちであると思います。

孫子の兵法書という書物には「敵を知り己を知らば百戦危うからず」という言葉があります。それをカードローン審査にあてはめると、借入審査の仕組みおよびカードローン審査に落ちてしまう原因を知ることから始まると言えるでしょう。

カードローン審査に落ちてしまう原因は以下の4通りです。

① 過去に金融事故を起こしてしまっている

② スコアリングが足りていない

③ 年収の3分の1を越える借入をしようとしている

④ 同時に複数の金融機関に申し込みをしてしまった

① 過去に金融事故を起こしてしまっている

①のように過去に金融事故を起こしてしまっている場合は審査に通過しません。状況や内容にもよりますが、5年間は信用情報機関と呼ばれる信用機関に情報が記録されているためその期間はカードローン審査には通過しません。

情報開示請求もできるため、自分の情報がどのように記載されているかを見ることもできます。ただし、何度も情報開示請求をすると過去に金融事故を起こした可能性が高いと判断されるため、 審査には不利になってしまうということも知っておいて良いかも知れません。この点詳しくは別記事をご参照いただければと思います。

関連:カードローンと信用情報機関

② スコアリングが足りていない

②スコアリングと聞いてほとんど、というよりほぼ全ての方はピンとこないと思います。カードローン借入審査の仕組みはスコアリングシステムと呼ばれる一種の評価システムを採用しています。この点については後程詳しく説明させていただくのですが、かなり詳細に書きましたため読むのが面倒くさい、てっとり早く借りたいという方は、審査通過率の高いアイフルかお勤め先確認の際に電話連絡なしで申し込みのできるSMBCモビットに申込をするのが良いでしょう。

様々な項目で算出されるスコアリングはカードローンの貸し出し可否、貸し出しの上限額、適応される金利を決定する要素となっています。通常、上限金利の低い銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいですが、これは銀行カードローンに要求されるスコアリングが高いことが背景にあるためです。

③ 年収の3分の1を超える借入をしようとしている

現在最も物議を醸している部分です。

消費者金融・クレジット会社・信販会社は貸金業に分類される金融機関であるため、貸金業法に定めのある総量規制(貸金業者は借入希望者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならない)の影響を受けます。

一方銀行カードローンは銀行法が適用法ですので、法律上は年収の3分の1を超える貸付を行うことはできます。ですが、銀行を管轄する金融庁がこの部分を危惧しており、現在各銀行に向けて過剰融資を抑えるよう注意を促しています。現在では事実上年収の3分の1を超える借入は不可能だと言えるでしょう。

古代メソポタミア文明の出土品である粘土板には、かつてバビロニアでは年収の33%を超える稲の貸付は禁止であった旨が記載されています。本来年収の3分の1を超えると借入は返済不可能になるラインだと言えますので、現在すでに借り入れがあり、もしくは新たな借入において年収の3分の1を超えるような場合には基本審査に通過しないと考えた方がよいでしよう。

④ 同時に複数の金融機関に申し込みをしてしまった

こちらも後述いたしますが絶対にNGなのでやめましょう。

当該審査も通らないだけではなくこの先の借入審査も通らなくなる可能性があるため絶対にやめましょう。

大事なことですので2回言いました!!

カードローン借入審査の仕組みはスコアリングシステム

 

借り入れ 審査

 

カードローンの借入をする際には当然のように審査があり、利用の可否は基本的に与信スコアリングによって判断されます。

与信スコアというのは聞きなれない言葉だと思いますが、金融機関がお金を貸す際に判断する基準のことです。

2種類の与信スコアリング

借入の際の審査基準となる与信スコアリングには「属性スコアリング」と「信用情報スコアリング」の2種類が存在しています。

属性スコアリングは年収や勤務先など本人の所属している環境に関する情報のことで、対する信用情報スコアリングは取引の実績や期間など本人の金銭面での情報に関することを言い、この2種類の情報を文字通りスコアリング(点数付け)することによって希望者のカードローン借入が可能かどうかを金融機関は審査します。

属性スコアリング

与信スコアリングを構成する2種類のスコアリングのうち、主に借入の際審査に重要となる属性スコアリングには以下の項目が存在しています。

・年収

・勤務先

・雇用形態

・健康保険証の種別

・勤続年数

・住居の形態および居住年数

・家族構成

属性スコアリングについて詳しく読む

 

年収

 

当然のことながら最重要項目です。

年収の額面の大きさは当然返済能力に直結しますので、基本的に高ければ高いほどその分スコアも高くなります。

カードローンによっては年収毎に借入上限金額を決めているサービスもあり、例えば北九州銀行カードローンマイカードプレミアムというサービスにおいては以下のような基準が明示されています。

利用上限額

【100万円】年収400万円以上の方
【150万円】年収400万円以上の方
【200万円】年収400万円以上の方
【250万円】年収500万円以上の方
【300万円】年収600万円以上の方
【400万円】年収800万円以上の方
【500万円】年収1,000万円以上の方

 

もっとも、ただ年収が多ければよいという訳ではなく、何より「安定した収入」である点が重要となります。

芸能人やスポーツ選手など収入の増減が激しい職業よりも正社員の方がローンを組みやすいのはそのためです。

突き詰めれば、カードローン審査は貸付を回収できる見込みがあるかどうかをチェックする業務なので、貸す側は資金の回収さえできればよい訳です。

去年1000万円、今年150万円の自営業者よりも、去年も今年も300万円の正社員の方が資金回収のリスクは低くなるという判断が働きます。

ただ単に年収が高ければよいという訳ではないところが難しい所ですね。

 

勤務先

 

公務員はローンも組みやすいしお金も借りやすいという話を聞いたことがあると思います。

基本的に与信スコアリングは本人の返済能力を数値化するためのものですので、返済の可能性が高いほどスコアも高くなります。

日本は公務員天国とさえ言われるような国ですし、基本的に国がつぶれる心配をしてはいません。

政治家や官僚などの力が強いこともあり、公務員制度改革などが起こる予兆もなく、公務員が返済できないという事態は考えにくいと考えられている訳です。

このように、勤務先はつぶれる可能性が低いほどスコアが高くなります

中小企業よりも大企業のほうがつぶれにくいですし、自営業よりも会社の方がつぶれにくいと考えられます。

仮に会社が整理される日が来ても、従業員の給与債権は優先的に回収できますので、自営業に比べると小さな会社の従業員の方がスコアリングは基本的に高くなります。

 

雇用形態

 

正社員、契約社員、派遣社員、パートタイムの順のスコアリングになります。

日本は解雇規制によって正社員を解雇するのは法律上難しいため、返済能力は高いとみなされます。

そのため正社員のスコアリングは高く、金利なども低く抑えられる傾向にある一方、派遣切りが社会問題になったように所謂非正規雇用への貸付はリスクが高いとみなされるためスコアリングは低くなり、金利なども上限金利が適用されることが多いのが実情です。

 

健康保険証の種類

 

こちらも根拠としては勤務先や雇用形態と同様になります。

一番信用度が高いのは公務員の共済保険となり次点が大手企業の組合保険、中小企業の社会保険と続いて国民健康保険の順番になります。

保険証の提出が必要ないサービスの方が多いですが、勤務先や雇用形態を担保するものとして健康保険証が利用されることもあり、非常に重要な要素となる場合もあります。

日本の借入市場ではとかくに勤務先情報が重要なこともあり、貸付をする際には電話による在籍確認か保険証による勤務先の担保は必須であると言えます。そのため、電話連絡なしのサービスでは保険証の提示は必要不可欠な要素となり、保険証の提示のないサービスでは電話連絡による在籍確認が必須となります。

 

勤続年数

 

カードローンの借入審査において最も重要な要素です。

年収や勤務先情報よりもさらに重要度が高いと言え、1か所での勤続年数が長ければ長いほど有利です。

この辺りは各種の採用試験などと同じ考えだと言ってよいでしょう。

江戸時代が265年も続いた影響かも知れませんが、我が国では基本的に1人の君主に仕えることが正義です。

この記事の後のほうに審査に通過した例とそうでない例を提示してありますが、勤続年数の違いによって可否が決まっているのが見て取れます。

「キャリアアップ転職」というのは大概において転職サイトの利益拡大のための方便であると言え、我が国は未だに転職に関してネガティブな評価しかしない価値観が支配的だと言えます。

貸付側から見た時にも、コロコロ職を変える人間は失職のリスクがあります。

そういったリスクは価値観や感覚によって決められるわけではなく、過去の貸付データから回収率などを算出し、それに基づいた基準でスコアリングを出しています。

貸金業者などは特にそういった過去の統計を持っており、過去に勤続年数が短い借入申し込み者は返済率が悪いというデータがしっかりと出ているのです。

特に現在は七五三現象と言われるほど離職率が高くなっており、最低でも半年、基本的には1年未満の勤続年数ですとスコアリングは大きく下がると思った方が良いでしょう

 

住居の形態および居住年数

 

住居の形態は大きく分けて持ち家か賃貸かに分けられます。

持ち家に分類される場合は本人のものか同居している家族のものかどうかで分かれ、さらにローンが完済しているかどうかでも分かれます。

単純に夜逃げの可能性が低い点と持ち家そのものが強力な資力であるとみることができるため、持ち家のスコアリングは賃貸に比べると高くなります。

最も高いスコアリングになるのは本人の持ち家でかつローンが完済されている状態、次に持ち家でローンがまだ残っている状態、家族の持ち家ローン完済、家族の持ち家ローンがまだ残っている状態となります。

居住形態が賃貸である場合のスコアリングは、社宅や官舎、一般賃貸、公営住宅という順番で左に行くほど高いスコアリングが与えられるようになっています。

 

家族構成

 

独身、既婚、家族同居、子供のあるなしで分類されます。

この辺りは少しややこしいので、信用度の高い順番に並べますと

・独身+家族同居

・既婚+家族同居+子供なし

・既婚+家族同居+子供あり

・既婚同居なし+子供なし

・既婚同居なし+子供あり

・独身一人暮らし

の順番になります。

基本的に両親など家族が同居しているとスコアリングは高くなります。現在の日本は高齢化社会と言え、年金や貯蓄などを含め年配者に資産が集中しています。また、本人に返済が難しい場合は家族が返済をする場合が多いなどの理由で貸付の回収率が高いという過去のデータが出ています。

次に子供がいるとスコアリングが低くなります。

子供にはお金がかかるという判断ですね。日本の少子高齢化を後押ししている要因の一つに子育てのコストが高額であるという点が挙げられます。

大学進学など教育費の問題は勿論保育園に預けないと女性が働きにいけない環境となっており、その場合世帯収入が落ちるリスクがあるのです。

どちらかの両親との同居がある場合などは女性側の失職リスクは少ないため同居ありの方がスコアリングははるかに高くなります。

既婚と独身は一概にどちらのスコアリングが高いとも言えません。

独身の一人暮らしは最も夜逃げの可能性が高いためスコアリングが低いですが、家族との同居をしていると途端に高くなります。

これは、夜逃げをすると迷惑をかける人間がいるほど返済率が高くなるというデータから基準が作られているためです。

親に迷惑をかけたくないという人が多いという理由と先述したように家族が本人に代わって弁済をしているケースが多いからだと思われます。

信用情報スコアリング

 

カードローン

 

属性スコアリングは主に返済能力についての情報だと言えますが、こちらは良い顧客になってくれるかどうかの基準だと考えればわかりやすいと思います。

与信スコアリングを計測するためのもう一つの基準信用情報スコアリングには以下のような基準があります。こちらは借入審査時は勿論ですが、増額審査や金利引き下げ審査など借り入れが始まってからの途上与信(モニタリング)に大きな影響を与えます。

信用情報スコアリングについて詳しく読む

・取引の期間

・取引の実績

・現在の借入残高

・他社からの借入件数

 

取引の期間

 

取引の期間は長ければ長いほどスコアリングは上がります。

カードローンは何度も利用できるサービスですので、長い期間利用すればそれだけ信用度が上がる訳です。

長い期間利用しているということは、それだけ遅滞なく返済が出来ているということでもあるので、次の借入がしやすくなる仕組みになっています。

 

取引の実績

 

あなたは初めて会った人間にお金を貸すでしょうか?

普通は貸さないと思います。

カードローンの借入も同様で、既に過去に取引をした実績(きちんと返済した実績)があれば次の取引もきちんと実績を残してくれるという期待ができるため、文字通り信用のスコアリングが上がる訳です。

取引を重ねるごとに上限金利が下がったり借入額の上限が上がったりするのはこの項目のスコアリングが上がるためです。

 

現在の借入残高

 

こちらは少ない方がスコアリングは高くなります。

現在借入がある状態で新たなカードローンに申し込もうとしている訳なので、あまり歓迎はされませんね。

消費者金融をはじめとした貸金業者のカードローンを利用する場合は総量規制の適用があるかどうかが大きな問題となります。

 

他社からの借入件数

 

こちらは純粋な件数の話です。

当然借りている会社は少ない方が良いですね。

借りて返してのサイクルを繰り返していれば、借入の件数自体は少なくなるはずです。

先述したように借入を返済することによりスコアリングは上がるため、借入の限度額も引き上げられるはずです。

にもかかわらず他の会社からも借入をするわけなので、何か事情があると思われても仕方がありませんね。

そしてこの「何か」とは、借金を返すための借入であることが多いのです。

借金返済のための借入は結果として借金を増やすことになります。

貸す側としては返済の可能性が下がるため、他社からの借入件数が多ければスコアリングは下がります。

とはいえ、借入があるということは他社の審査を通過したということでもあるため、必ずしも不利に働くとは限りません。

きちんと遅滞なく返済を長期にわたってしているなど、場合によっては初めて借り入れをするよりも信用スコアリングが高いこともあります。

とはいえ、1件や2件ならまだしも、4,5件も借入がある場合などは厳しいと言えるでしょう。

*他社からの借り入れ状況は「信用情報機関」を通じて貸金業者に共有されています。

参考:カードローンと信用情報機関

なお「借入」にはクレジットカードのキャッシングなども含まれるため注意が必要です。

*リボ払いなどのショッピング枠の利用は「借入」に含まれません。

クレジットカードのキャッシングなどについては以下の記事をご覧ください。

参考:カードローンと総量規制

 

実際にカードローン審査に通過しなかった例と弊社の見解

実際にカードローン審査に通過しなかった例を見てみましょう。

*以下の体験談はクラウドサービスにて募集いたしました。

Case.No1

続きを読む
申込をしたサービス イオン銀行カードローン
年齢 23歳
年収 200万円
勤務形態 正社員
勤務先従業員数 300人ほど
勤続年数 3か月
家族同居 なし
配偶者・子供 なし
住居形態・居住年数 賃貸アパート・3年
他社借入状況 なし
過去借入状況 なし

 

Q カードローンを利用しようと思った理由は何ですか?

A 車上荒しに遭い、免許証、通帳、財布、自宅の鍵までごっそり盗まれてしまいました。
お金が手元に1円もなく途方にくれていたところ、自宅に残っていたイオン銀行のカードで、生活費の工面をしようと申し込みました。

Q カードローンの審査に通過しなかった理由は何だと思いますか?

A 大学を卒業し、新入社員として働き始め、3ヶ月目の出来事でした。仕事を始めたばかりで出費も多く、貯金もありませんでした。一年目ということで年収も多くなかったため、お金を本当に返せるのか信用がなかったからだと思います。

弊社の見解

おっしゃるように「勤続年数の短さ」が原因であると思われます。「新卒」に関しては積極的に貸付を行う金融機関とそうでない金融機関が存在しており、新卒をあまり歓迎していないカードローンを選んだことも原因の1つでしょう。

現在は7・5・3現象と言われるように平均して新卒の半分ほどが3年以内に退職しています。貸付を行う側にとっては基本的に勤続年数の短い新卒への貸付はリスクであると言えます。カードローンの借入を行う際には、最低でも半年以上の勤続年数は欲しいところです。

 

Case.No2

 

申込をしたサービス 三菱東京UFJ銀行カードローン
年齢 35歳
年収 450万円
勤務形態 正社員
勤務先従業員数 1000人ほど
勤続年数 5年
家族同居 なし
配偶者・子供 配偶者あり子供なし
住居形態・居住年数 賃貸マンション・12年
他社借入状況 2件 50万円
過去借入状況 過去に借入複数

Q カードローンを利用しようとした理由

A 友人の結婚式が同じ月に3つも重なり、ご祝儀が合計9万円必要となってしまいました。あいにくその前の月にも親戚の不幸で実家まで飛行機などを利用して帰省せざるを得ない状況で、資金繰りが厳しかったのでボーナスまで一時的に借りられれば、と思いました。

Q カードローンの審査に通過しなかった理由は何だと思いますか?

A 他社からの借入を複数していたことが原因ではないかと思います。

弊社の見解

基本的に他社からの借入が嫌われた結果だと思われます。

年収450万、正社員、勤続年数5年という数字はカードローンに必要な水準を大きく上回っており、個人情報スコアリングという面では申し分のないスコアだと言えるでしょう。一方複数の借入があったという事実を含めて信用情報スコアリングが低かったのではないかと思われます。

新規の借入を申し込まれた方としては、「他2社がなぜ借入上限額を引き上げないのか?」という目で審査を行うこととなります。金融事故とまでは言えないまでも期日に遅れた返済などもあったのかも知れません。

A社で20万、B社で30万の借入がある状態でC社に10万円の借入申し込みをする場合、C社はなぜA社とB社は10万円を貸さないのだろうかと考えるようになるわけです。

カードローンは無担保・保証人なしというその性質上貸す側のリスクが非常に高いローンサービスであると言えます。そのため、疑わしきは貸さずという鉄則のもと貸付を行います。

そのため審査通過率は数値を公表している大手消費者金融で40%~50%未満、銀行においては数値を公表していないので確かなことは言えませんが、ネット銀行で30~40%未満、地方銀行やメガバンクでは30%未満ほどの審査通過率だと推測されています。

仮に1件の借入がある状態であれば、他の金融機関の審査を通過したとポジティブに捉えられる可能性も0ではないのですが(基本やはりマイナスです)、2件以上あるとマイナスにしか働きません。

仮に支払い能力があれば既存のカードローンサービスにて増額審査に通過するはずだという推定が働くのです。そのため、複数の借入がある場合には新たな借入申し込みをするのではなく、一度おまとめローンなどで借入を一元化するのがよいでしょう。

カードローンの借入審査に通過した例と通過しなかった例を比較

続きを読む

具体的に借入審査に通過した方と通過しなかった方の審査項目を比較してみましょう。

通過した例 通過しなかった例
申込をしたカードローン 楽天銀行スーパーローン プロミス
年齢 25歳 24歳
年収 200万 200万
職業 アルバイト アルバイト
勤続年数 3年 3ヵ月
家族形態  独身・母親同居 独身・両親同居
居住形態 両親の持ち家 賃貸
居住年数 30年 2か月
他社からの現在の借入 なし なし
過去の利用実績 なし なし

両者は年齢も年収も過去の利用実績もほぼ同じと言ってもよいスコアリングになりますが、「勤続年数」と「居住形態・居住年数」に大きな違いがみられます。

実際に最も判断に影響があったのは勤続年数の項目であると思われます。

仮に勤続年数が3か月ではなく半年以上あったのならば通過していた可能性は非常に高かったことでしょう。

カードローンの審査は第一に過去に金融事故を起こしていないか、第二に十分な勤続年数(できれば1年、最低でも半年)が必要であるということがこの結果からもよくわかります。

 

在籍確認って何? いつ行われるの?~在籍確認と即日融資~

カードローンの審査において避けて通れないのが在籍確認です。

続きを読む

在籍確認というのは、カードローンだけではなく不動産賃貸やクレジットカードの作成の際にも行われ、申込書に記載された内容に偽りがないかどうかを確認するために職場に電話をかけ文字通りそこに在籍しているかを確認する業務となります。

在籍確認の行われる時期は金融機関により若干異なります。

ほとんどのカードローンにおいては申し込みがあった時即座に在籍確認が行われることとなります。「即日融資も可能」としているカードローンにおいては申し込みのあった瞬間に在籍確認の電話をかけ、信用情報機関に情報の照会と登録を行います。

稀に地方銀行などで仮審査を貸金業者に任せて本審査としての在籍確認だけを行うカードローンもありますが、その行程ゆえに審査には時間がかかってしまうこととなります。

在籍確認は企業が業務を行っている際に行われ、かつカードローンの貸付は在籍確認が済んでから行われるため、即日融資を受ける場合は平日に申し込む必要があります。

よく、「即日のご利用には平日14:50までに申し込みを完了する必要があります」と但し書きがついているのはそのためです。

在籍確認はどのように行われる? バレる可能性は? 在籍確認のないカードローンはあるの?

カードローンの利用をする場合知り合いや家族、ましてや会社の同僚や上司に知られたくないという方がほとんどだと思います。

在籍確認は99%以上のカードローンにおいて電話で行われ、その方法は貸金業者と銀行で少々異なります。

続きを読む

貸金業者においては、貸金業法により「第三者に借入の事実を知られてはならない」という規定が存在しているため在籍確認時に借入の事実が他の人間に知られないように細心の注意を払います。

そのためにおこなっているのが

・在籍確認用携帯電話を用意する

・電話を掛ける際には会社名は名乗らず担当者の名前を名乗る

という2点です。

ナンバーディスプレイに対応している企業も多いため、非通知設定で電話連絡をするのが一般的です。

電話連絡の際には「借入」や「キャッシング」「カードローン」などの単語は当然出さず、「○○(借入希望者の名前)さんはいらっしゃいますか?」という形になります。

対する銀行は以下のようになっています。

・固定電話で電話をすることが多い

・電話を掛ける際は銀行名を名乗る

銀行カードローンは貸金業者が保証会社として借入の審査を行うことがほとんどですが、在籍確認時には銀行の名前で電話連絡をするのが一般的です。

銀行カードローンにおいても「銀行法」により「第三者に借入の事実を知られてはならない」旨の規定があるためカードローンの利用を知らせることはありません。

そのため基本的なやり取りは貸金業者と同様になります。

なお、最近はスルガ銀行リザーブドプランなどのように個人名で在籍確認を行っている金融機関も徐々に増えてきており、全体としては担当者の名前で電話をかけてくるケースの方が多くなりつつあります。

さて、在籍確認においてカードローンの利用がバレるかバレないかですが、バレる可能性は著しく低いものの0ではないと言えます。

例えば営業職の方に電話がかかってくることはよくあることですが、事務職の方に電話がかかってくることは稀ですので、同僚が怪しいと思う可能性はあり得ます。また、同僚の方が過去にカードローンを利用した場合などにはピンとくる可能性はあるかも知れません。

そこで気になるのが在籍確認のないカードローンサービスは存在するかという点ですが、まともな業者ならすべて例外なく在籍確認はあります。

もしも「在籍確認なし」を売りにしている金融機関があったら間違いなく悪徳金融会社なので絶対に利用してはいけません。

ただ、まともなカードローン会社で唯一お勤め先確認の際電話連絡なしのサービスを提供している金融機関があります

それは冒頭でもご紹介させていただいたモビットです。

郵送物などもなしにできるため、とにかく人にバレたくない!という方はモビットの利用をするのがよいでしょう。

SMBCモビットについて詳しくは以下の記事をお読みください。

 

関連記事:SMBCモビットの審査や口コミなどを徹底解説

 

カードローンの審査基準

カードローンの具体的な審査基準を公表している金融機関はありませんが、一般的に審査難易度は銀行カードローン>>信販会社のカードローン>クレジット会社のカードローン>消費者金融カードローンの順になると言われています。

カードローンの審査基準詳しく読む

カードローンの審査通過率などを開示している金融機関はとても少なく、同じ金融機関でもブランドによってまた時期などによっても審査通過率は変わるため一概には言えませんが、基本的には借入の際の金利が低ければ低いほど審査難易度が上がり、要求されるスコアリングも高くなってきます。

過去に金融事故を起こしていない前提で以下のようなスコアリングをクリアできるかどうかが1つの目安になります。

銀行カードローン:年収400万円以上 勤続年数2年以上 正社員

大手消費者金融:年収150万円以上 勤続年数半年以上 無職・専業主婦ではない+新たな借入で年収の3分の1を越えない

消費者金融をはじめとした貸金業者は貸金業法における「総量規制」の影響を受けるため「本人」の年収の3分の1を越える貸付は行いません。一方現在社会問題にもなっている通り、銀行カードローンは銀行法の規定が適用され、「総量規制」の影響は受けず2017年5月現在では配偶者や家族に一定の収入があれば専業主婦の方でも借入が可能となっています。

銀行カードローン審査はやはり厳しめで、私の知る限り審査通過率を公表している銀行はないですが、10%~25%前後の審査通過率ではないかと言われています。信用情報機関には審査に通過しなかったという情報も登録され、後の審査に影響することもあるため、申し込みの際には気を付けたいものです。

一方の消費者金融では一部の大手が審査通過率を公表しています。

中でも「アイフル」は43~48%という高い審査通過率を誇り、審査通過率でカードローンを決めたいという方にはおすすめとなっています。

審査通過率で選ぶならアイフル!
アイフル・申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結
・1000円~800万円から融資可能。(一部提携のATM.CDでは10000円~。)

・身分証明書・在籍確認の書類はWEBアップロードでOK
・ローンカードは指定時間に配達可能
・安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
・最短即日融資も可能
・1秒診断が便利

アイフル審査

アイフルの審査や口コミについて詳しく見る

カードローン借入審査に関してよくあるQ&A

カードローンの借入においてよくある疑問と答えを記載したいと思います。

Q 借入の際担保や保証人は必要になるの?

A カードローンの借入には担保も保証人も必要ありません

あらゆる借入において、担保や保証人が必要となるのが我が国の貸金業の基本となります。

住宅ローンや自動車ローンではそれぞれ不動産及び動産が担保になりますし、奨学金の借入にも保証人が必要になります。

一方カードローンにおいては担保・保証人ともに必要のない借入となっており、そのため審査の時間はとても早く最短で即日融資も可能なサービスもある反面貸付をする側のリスクが高いと言えるためその分金利も高めに設定してあります。

Q クレジットカードの滞納はカードローンの借入審査に影響する?

A 滞納の状況によっては大きく影響します

続きを読む

クレジットカードを作成する際には、申し込み者は必ず信用情報機関への情報登録への同意を行う必要があり、そのほぼすべてが指定情報機関としてCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)を指定しています。

国が指定している信用情報機関はクレジット会社の登録数が多いCICと消費者金融などの登録数が多いJICCの2つとなっています。

国の指定は受けていませんが、銀行のほぼすべてが加盟する全国銀行個人信用情報センターの会員となっているカードローン運営会社も多く、この3つの機関は常に情報の共有を行っているため過去のカードローンやクレジットカードの利用状況などは借入審査の際に各金融機関とも判断材料として使用します。

先述いたしました通りカードローン審査においては何より過去に金融事故を起こしていないかどうかが重要になるため、クレジットカードの支払を61日以上滞納したことがある方は借入審査には通過しないと思った方がよいでしょう。

カードローンやクレジットカードの支払が遅れる場合においては、60日以内なら「遅延」61日以上であれば「延滞」という扱いになります。

「遅延」であれば金融事故としては扱われず審査に通過する可能性はありますが、「延滞」となってしまうと金融事故扱いになるため審査通過の可能性はほとんどないと言えます。

たまにインターネット上に「2か月未満の支払滞納は信用情報機関に情報として登録されない」という書き込みが見られますが、これは虚偽の情報です。

基本的に2か月(60日)以内の支払滞納でも情報そのものは登録されます。

ただ、60日以内であれば悪質性はそこまで高くないため、即座に却下するほどではないというだけで、信用情報スコアリングそのものは下がってしまうためできるだけ期日通りに支払いをすることを心がけるのがよいでしょう。

関連:クレジットカードの支払遅れはカードローンの審査に影響する?

Q 携帯電話料金が未納だと審査に影響がでる?

A 影響が出る場合もあります

ここは少し複雑な問題です。

携帯電話料金をクレジットカードで支払っている場合は前項でお答えしたような影響がでます。

銀行引き落としなどで毎月の携帯電話料金を支払っている場合で影響がでるのは携帯電話端末料金を分割で支払っている場合になります。

この場で説明させていただくには話が長くなるので細かい話は当サイトの「携帯電話料金の支払い滞納はカードローン審査に影響するのか?」を御覧いただければと思います。

Q 奨学金が返済できないと審査に影響する?

A する場合があります

2017年現在大きな社会問題となっている「奨学金問題」ですが、平成21年度以降奨学金の借入をした方は基本的に影響があります。

この部分も説明すると長くなるため当サイトの「奨学金とカードローン審査の関係」という記事をお読みいただければと思います。

カードローン申し込み時に絶対にやってはいけないこと

 

カードローン借入審査

 

カードローンの申し込み時に絶対にしてはいけないことは次の2点です。

・虚偽の情報で申し込む

・同時に複数のカードローンに申し込む

虚偽の情報で申し込む

誰がどう考えてもダメなのですが、結構やってしまう人がいます。

年齢や年収、勤務先といった情報はスコアリングシステムの基幹となる情報です。

もしもそれらを偽って申し込んだ場合、信用情報機関を通じて各金融会社に情報が共有され、以降の借入はできなくなると思った方がよいでしょう

審査に通過する見込みもなく、最悪詐欺罪の構成要件を満たし、刑事罰が適用される可能性があるため絶対にやめましょう。

 

同時に複数のカードローンに申し込む

これはやってしまいがちですし、人によっては何がいけないの?と思うかも知れませんが、貸付を行う側からすると虚偽の情報で申し込むのと同レベルでやってはいけないことです。

これをやってしまうと100%審査に通りませんので注意しましょう

上記いたしました通り、消費者金融は貸金業法の総量規制の影響を受けます。

仮に年収300万の人が3社から50万円ずつ借入をしたとします。

この場合1社だけで見ると総量規制内で貸し付けていますが合計で年収の3分の1を超えてしまい、貸付をした消費者金融側に行政処分が下されます。

もちろんそういった事態を避けるために貸付側は信用情報機関に情報を照会する義務を負っていますし、借入は絶対に成功しません。

のみならず同時に申し込みをした情報は残るため、以降借入をすることはできないと言ってよいでしょう。

総量規制のない銀行のカードローンなら大丈夫かというとそうではなくて、先述いたしました通り他社からの借入は重要な判断材料となるため、その部分が不確定要素となれば貸付をする側のリスクは飛躍的に高まります。

基本的に貸付を行う側が重要視するのは「貸付が返済されるか?」という点ですので、わざわざ無用のリスクをとることなどないのです。

同時に申し込みをすることは百害あって一利なしですので、カードローンの借入申し込みは必ず1社ずつにしましょう。

実は消費者金融のカードローンの方が良い理由~銀行カードローン審査の厳格化~

就職面接を受ける際「他のどの会社の内定をもらっていますか?」と聞かれることがあります。ここで大手企業の名前がでると評価が高まりますが、内定がないと言うと評価は下がります。極端な例では超大手企業の内定が出た瞬間他の会社から面接通過の連絡が入ったということもあるぐらいです。

カードローン審査でもこれに近いことが起きます。

「上限金利の低いサービスから申し込んでいけばいい」

一見合理的な判断であるようですが、実際には自分の首を絞めてしまう行為です。

どうしてかと言いますと、他のカードローンに申し込んだことは信用情報機関に記録されます。各金融機関は借入の申し込みがあった際には信用情報機関へ情報の登録・照会を行う必要があるため、他のカードローンに申し込んだ日時などもわかるようになっています。

そして、他のカードローン審査に落ちたという情報は明らかにスコアリングを低める結果となります。先述した信用情報スコアリングが下がってしまいます。

他の会社がいらないならうちもいらない、という理屈ですね。

他の金融機関が貸付を行わなかったということは、それなりのリスクがあると判断されたからに他なりません。

カードローンはそもそもが非常にリスクの高い金融商品です。見ず知らずの人に無担保で、しかも保証人もつけずにお金を貸すわけですので、その審査は当然慎重にならざるを得ず、少しでも返済不能のリスクを感じたらお金は貸せません。

そういった意味で、金利が低い方から順にお金を借りようとするとどんどん信用情報スコアリングが落ちていってしまい結局お金が借りられないという事態にもなりかねません。

しかも現在は金融庁からのお達しを受けて、各種メガバンクは貸し出しにかなり消極的な姿勢を取らざるを得ません。

金利の低い銀行カードローンは魅力的ですが、そういった意味では審査通過率の高い消費者金融の方が実はおすすめだと言えます。

ただし、消費者金融は総量規制の影響をモロに受けるため収入のない専業主婦などの方はお申込みが出来ませんので注意しましょう。

目的別おすすめカードローン

審査通過率で選ぶならココ

審査通過率で選ぶならアイフル!
アイフル・申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結
・1000円~800万円から融資可能。(一部提携のATM.CDでは10000円~。)
・身分証明書・在籍確認の書類はWEBアップロードでOK
・ローンカードは指定時間に配達可能
・安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
・最短即日融資も可能
・1秒診断が便利

アイフル審査

アイフルの審査や口コミについて詳しく見る

アイフルがおすすめの理由を見る

カードローンの審査に関する情報は各社非公表としている部分が多く、審査基準は勿論審査通過率などもほとんどの金融機関において非公表となっています。

一般的には消費者金融カードローンであれば35%を超えれば審査通過率が高いと言われ、銀行のカードローンにいたっては20%台の通過率と言われています。

アイフルはそのような中で審査通過率をホームページで公表している数少ない金融機関で、平均して45%以上という高い水準の通過率となっています。

アイフル審査通過率

画像はアイフル月次データより一部転載。

これは同じ消費者金融カードローンのプロミス(平均40~44%)や新生銀行のカードローンであるレイク(平均30~33%以上)に比べて高い通過率です。

プロミス審査通過率

*画像はSMBCコンシューマーファイナンス月次データより一部転載

40%ほどで審査通過率が高いというのはほとんどの方が違和感を抱くと思いますが、中には借入件数が3件以上ある状態で申し込む方や利用条件を満たさない方(前年度の本人収入がないなど)、上記したようなルールを知らず同時に複数の金融機関に借入申し込みをおこなってしまった方や過去に金融事故を起こした方なども含まれているためこのような数字になります。

銀行カードローンなどでは20%審査通過率があれば高い方で、中には10%未満の金融機関もあり、金利が低い分審査もまた厳しくなってしまいます。

*一般的にカードローンの借入審査難易度は金利が低ければ低いほど厳しくなっていく傾向にあります。

前述したようにカードローンは申し込む毎にスコアリングが落ちてしまい、借入審査には不利になってしまうシステムとなっています。申し込むサービスは選んだ方が良いでしょう。

審査通過率で選ぶのならアイフルに申し込みをするのがベスト!

*審査通過率が高いからと言って、過去に金融事故を起こした方や現在収入のない方(収入のない専業主婦の方も含む)が審査に通過することはありませんので申し込みをするのはいたずらにスコアリングを落とすだけですのでやめましょう。
専業主婦の方はこちらのカードローンに申し込みをするのがよいでしょう。

また、先述いたしました通り他社の借入がある際などはスコアリングが大幅に落ち、審査通過は難しくなります。すでに他社の借入がある方はこちらのカードローンに申し込みをするのが良いと思われます。

アイフル審査

アイフルでの申し込み・借入方法について読む

アイフルへの申し込みにはインターネットや無人契約機による方法がありますが、今回はスマホやパソコンからの申込方法を解説したいと思います。

公式ホームページにアクセスし、いますぐお申込みのボタンを押します。

*事前に融資可能か1秒診断も受けられます。

2016y11m28d_061926328

借入希望金額や氏名、メールアドレスなどを入力したら申し込みは完了です。

2016y11m28d_062248552

即日融資を希望する場合は、申し込み完了後にフリーダイヤルで急いでいる旨を伝えましょう。

フリーダイヤル

0120-337-137

受付時間:9:00~21:00

優先的に審査を行ってもらえます。

早ければ30分ほどで審査結果がメールもしくは電話連絡にて通知されます。

審査通過後に本人確認書類(運転免許証などをウェブでアップロード)することにより借入ができるようになり、

  • ATM
  • 振り込み
  • 電話連絡

などの方法で利用ができるようになります。

振り込みおよび電話連絡による方法であれば銀行口座への振り込みが可能となりますが、ATMを利用する場合カードが必要になります。

カードの受け取りには

  • 自宅で受け取る
  • 無人契約機で受け取る

の2種類の方法があり、自宅で受け取る場合に時間指定ができ、かつ本人限定受け取り配送でカードが送られてきます。

無人契約機で受け取る場合は全国各地にある「てまいらず」という電話BOXでローンカードを受け取ります。

アイフル申し込み

中から鍵がかけられるので安心して手続きが行えます。

アイフルてまいらず

オペレーターにつながる受話器もあるので初めてでも安心です。

アイフルカード発行

カードを受け取ったらATMで出金できるようになります。

アイフルATM

アイフルの口コミを見る

先日初めてアイフルでキャッシングを利用してみました。今までキャッシングは一回も利用した事が無くてCMとかで見ても他人事のように感じていたのですが、二週間ほど前に急遽お取引先との接待があり、身支度と手持無沙汰を解消すべく渋々利用したのが始まりでした。お金が関わる事なので、ある程度の書類はあらかじめ準備していたのですが、驚いたのは審査にかかる時間と初めてのキャッシングの利用は30日間の無利息期間。午前中の外回りを早めに終わらせ、空いた時間で審査完了。時間にすると1時間掛かってないくらいだと思います。無利息期間については利用する前は正直知らなくてお金を借りたのにすごい得した気分でした。今までキャッシングは正直暗いイメージがあったのですが、諸手続きや利息に関する工夫で、誰でも気軽に利用しやすくなってると感じられました。

正社員の方・スコアリングに自信のある方はこちら

正社員には大人のカードローンオリックス銀行がおすすめ!
オリックス銀行

・ウェブ完結可能
・借入残高が30万円以下なら月々7000円からの返済も可能
・来店、口座開設不要

オリックス銀行カードローン審査

 

⇒オリックス銀行カードローンの審査や口コミについて詳しくみる

オリックス銀行が正社員におすすめの理由を見る

オリックス銀行の審査は消費者金融カードローンに比べて厳しめです。

また、金利は1.7%~17.8%とパッと見た感じでは消費者金融と同水準に見えます。

一見すると魅力の薄いカードローンに見えますが、審査のスコアリングに自信のある方には最もおすすめのカードローンとなっています。

先述いたしました通り、カードローンの借入審査の可否は属性スコアリングと信用情報スコアリングを総合した与信スコアリングで決まり、借入審査通過後の返済金利および借入上限額もまた先述いたしました通り与信スコアリングによって決定されます。

少し回りくどい言い回しになってしまいましたが、オリックス銀行カードローンは高スコアリング申し込み者に対し、審査通過後の優遇の割合が高いという特徴を持つカードローンとなっています。

具体的な数字を見てみましょう。

以下はオリックス銀行のカードローンの借入上限金額と金利を表にしたものです。

*借入上限額は実際に借り入れる額ではなくこの金額まで借り入れができるよというラインです。

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

適用される金利に幅があるのがよくわかると思います。

これは、金利を決める際にオリックス銀行側の裁量が大きいことを表しており、優良の顧客には金利面での優遇があるということを指し示しています。

先述いたしました通り、カードローンの選択には見かけの金利ではなく実際に適用される金利が大変重要になってきます。

そういった意味で、審査通過の条件は他のカードローンに比べて厳しいけれども審査通過した後どんどん有利に借り入れが出来るようになるオリックス銀行カードローンは、スコアリングに自信のある方には大変おすすめのカードローンとなっています。

具体的な審査通過条件などは非公表であるためもちろんわかりませんが、過去に金融事故を起こしていない前提で

・正社員

・年収400万円(最低でも350万円)以上

・勤続年数2年以上

という条件をクリアできるようでしたらオリックス銀行カードローンへの申し込みをするのが良いでしょう。

*上記基準はあくまで目安となります。審査通過を保証するものではございませんのであらかじめご了承ください。オリックス銀行カードローン審査

 

土日を含めた即日融資も可能なカードローンはこちら

SMBCモビットなら土日を含めた即日融資も可能!
モビット
・即日融資も可能♪
・WEB完結なら電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


SMBCモビットで即日融資(土日含む)を受けるための条件を読む

SMBCモビットで即日融資を受ける場合には基本的に「Web完結申し込み」「カード申込」共に14:50までに振り込み手続きが完了している必要があります。

それ以外の時間帯、すなわち平日14:50以降もしくは土日祝日に即日融資を受ける際にはWeb完結申し込みではなくカード申込をパソコン・スマートフォンから申し込んだ後ローン申し込み機にてカードを受け取る必要があります。

ローン申し込み機は駅前や街中などにあり、21:00までの営業となっています。

*2017年10月2日より三井住友銀行のローン契約機でもSMBCモビットカードローンの申し込みとカード受け取りが可能となりました。

モビット契約機

中には受話器も備え付けてあり、オペレーターへの問合せもできます。カードが発行されたら全国130000台以上(2017年6月現在)あるATMから出金が可能となります。三井住友銀行ATMを利用すると手数料がかからないためおすすめです。

プロミス受話器

 

バレないカードローンはこちら

バレたくないならSMBCモビット!
モビット
・即日融資も可能♪
・WEB完結なら電話連絡なし♪
・安定した収入のある方なら学生やアルバイトでも可能♪
・PCやスマホでのWeb完結申し込みも可能♪
・審査時間は最短30分♪*審査時間に関しては申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


SMBCモビットがおすすめな理由を読む

SMBCモビットのお勧めポイントは勤め先確認の際に電話連絡がない点です。

すべてのカードローンサービスには在籍確認が存在し、SMBCモビットを除くサービスは職場への電話連絡が必須となっています。貸金業法も銀行法も第三者への借入事実を知られることを禁じていますが、職場の状態や電話に出る人によってはカードローンの借入に気づかれる可能性は否定できません。

また、カードローンの利用は自宅に届く郵送物によって家族にバレる可能性があります。多くのカードローンサービスには本人確認郵送物の受け取りが利用の条件となっており、家族にカードローンの利用を知られたくない人にとっては障壁となってしまいます。

SMBCモビットでは、返済用口座として三井住友銀行か三菱UFJ銀行およびゆうちょ銀行をあらかじめ用意してかつWebでの申し込みを行えば郵送物なしでの利用が可能となっていますので、カードローンの利用を知られたくないという人にとっては最上のカードローンであると言えるでしょう。

平日の14:30までに振り込み手続きが完了すれば、即日融資も可能である点も今すぐ利用したい人の多いカードローンのメリットが活かされていると言えますね。

ただ、デメリットというほどではありませんが、モビットに申し込む際には借入金額に関係なく以下に挙げるいずれかの収入証明書が必要になります。

・源泉徴収票

・税額通知書

・所得証明書

・確定申告書

・給与明細書(直近2年分および直近1年分の賞与明細書)

電話連絡なし郵送物なしで借入が可能な反面提出すべき書類が多いのもSMBCモビットの特徴だと言えますね。

審査通過最低目安(推定);過去に金融事故を起こしていない、支払いの遅延などを行っていない前提で年収200万円以上かつ勤続年数最低1年以上で新たな借入で総量規制に抵触しない。また、コツとしては初回は少なめの借入上限額を設定する

*あくまでも推定です。のちに詳述するようにカードローンの借入審査は複合的な要素で判断されますので、上記条件を満たしたからといって審査に必ず通過する訳ではありません。また、自営業ですと審査は厳しくなり2年以上の運営期間は必要になると思われます。自営業の方はビジネスローンを利用しましょう。

関連:SMBCモビットの審査、評判、口コミ、返済方法などについて詳しく見る

 

迷ったらココ

正社員には大人のカードローンオリックス銀行がおすすめ!
オリックス銀行

・ウェブ完結可能
・借入残高が30万円以下なら月々7000円からの返済も可能
・来店、口座開設不要

オリックス銀行カードローン審査

⇒オリックス銀行カードローンの審査や口コミについて詳しくみる

インターネットにて申し込みが完結するオリックス銀行カードローンがおすすめのカードローンとなっています。

オリックス銀行カードローンがおすすめの理由を見る

オリックス銀行の金利は1.7%~17.8%となっており、上限金利だけを見ると高く感じますが、適用金利には幅があり、スコアリング次第では優遇された金利での借入が期待できるカードローンです。

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

具体的な基準は公表されていませんが、以下の条件を満たすことのできる方にはオリックス銀行カードローンがおすすめです。

 

年収400万円以上

勤続年数2年以上(経営者の方は営業年数)

正社員、経営者、公務員

オリックス銀行カードローン審査

ページの先頭へ