2009年より分割、吸収を繰り返してきた大手信販会社であるアプラス

今回は新生銀行グループアプラスパーソナルローンのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

アプラスカードローン概要

 

アプラスパーソナルローンα倶楽部カード概要

 

利用条件  以下のすべての条件を満たす方

・日本国内に在住している方

・20歳以上65歳未満の方

・安定した収入のある方

・メールアドレスをお持ちの方

・オンライン申し込みにてアプラスの定める各種情報に同意できる方

*未成年の方や収入のない方は申し込みができません。

用途 事業性資金以外自由
 年会費 無料
 担保・保証人  不要

 

参照:アプラスパーソナルローン

 

アプラスパーソナルローンα倶楽部カード金利

 

借入に上限額によって金利(実質年率)が以下のように変わります。

 

借入上限額 金利(実質年率)
10万円以上100万円未満 11.20%~18.00%
100万円以上150万円以下 9.20%~13.20%
150万円超200万円以下 7.20%~11.20%
200万円超300万円以下 6.90%~9.20%

 

借入の上限額については初期与信審査における与信スコアリングの合計や、利用後に返済を繰り返すことによる信用情報スコアリングの上昇によって変わります。

ですので、最初は上限金利が適用されていたとしても利用状況が良ければ優良顧客として認定され、適用される金利も下がることとなります。

 

アプラスカードローンの返済方法

 

アプラスカードローン「アプラスパーソナルローンα倶楽部カード」には大きく分けて「口座振替による返済」と「ATMによる返済」の2つの返済方法があります。

口座振替においては毎月27日(休業日の場合は翌営業日)に口座より自動で引き落としがされ、ATM返済ですと毎月5日、10日、15日、20日、25日、末日の返済日から選ぶことができます。

口座振替においては毎月14日までの利用分に対しての請求を毎月27日の返済日に請求する形になります。

ATM返済においては、返済期日の2週間前から入金可能となっており、ぞれ以前の入金は該当月の返済額ではなく追加返済という形で処理されます。

アプラスの提携ATMは非常に広いネットワークをもっており、各種コンビニやゆうちょ銀行、各種都銀、地方銀行など返済チャネルに困ることはほとんどないと言ってよいでしょう。

返済方式は元利定額借入時残高リボルビング方式となっており、月々の最低返済額は借入残高に応じて以下のようになっています。

 

借入後残高 最低返済額
30万円以下 借入後残高の4%
30万円超100万円以下 借入後残高の3%
100超 借入後残高の2.5%

 

遅延損害金は20.00%となっており、通常の利息とは別に支払いがあるだけではなく、支払い遅延することにより情報スコアリングが下がるなど良いことがただの1つもないためしっかりと期日通りに返済を行う必要があります。

万が一返済に遅れそうであれば期日前に必ず電話連絡をすることを心がけましょう。

また、繰り上げ返済にも対応しており全額繰り上げ返済、一部繰り上げ返済が可能ですので積極的に利用し、返済期間を短くすることで総返済金額が減りますので積極的に利用したい所です。

 

α倶楽部ポイント

 

アプラスカードローンのユニークな点は返済利息(遅延損害金は対象外)に対してポイントが付与される点です。

ポイントは200ポイントから交換可能で、有効期限は3年間、各種商品やギフトカードなどに交換することができます。

アプラスとっておきプレゼント対象のカードであればポイントの際に合算でき(キャッシュバックは合算できません)ますが、他社ポイントへの移行には対応していない点には注意が必要です。

 

アプラスカードローンの在籍確認

 

同サービスも他サービス同様利用の際には在籍確認を行います。

その際、アプラスをはじめとした信販会社は貸金業法による規制があるため借入の事実を第三者に知らせることはありません。

アプラスがどのように在籍確認を行うかは明らかにされていませんが、他の貸金業者と同様に携帯電話もしくは非通知設定にて連絡をし、担当者の名前で在籍確認を行うものと思われます。

在籍確認については「在籍確認はどのように行われる?電話連絡のないカードローンは?」をご覧ください。

 

アプラスカードローン借入審査

 

信販会社のサービスであるアプラスのカードローン審査は銀行と違い、保証会社を通さず自ら行います。

審査基準や審査方法に関しては明らかになっていませんが、他のカードローンとそれほど大きく違いはないでしょう。

カードローン審査に関しては「借入前に知っておきたい!カードローン審査について」の項をお読みいただければと思います。