カードローンの申し込みの際、以下に該当する行為を行うのはやめましょう。

虚偽の情報で申し込むこと

一度に複数のカードローンに申し込むこと

虚偽の情報でカードローンに申し込むこと

論外とも言える行動ですが、やってしまう人は一定数います。

年収や勤務形態、勤続年数などを総合してカードローンの借入審査を金融機関側は行います。

自分の今の状態では審査に通らないだろうなぁと思って虚偽の情報を記入・入力したとしても

絶対にどこかでバレます。

消費者金融をはじめとした貸金業者には、カードローンの申し込みがされた際指定信用情報機関に情報を登録・照会する義務があります。

参考:カードローンと情報機関

現在では収入証明書不要で申し込めるカードローンが増えましたが、融資額が大きくなると必要になる場合が多いですし(消費者金融では法律により50万以上義務化、銀行では100万円以上の借入が収入証明が必要となるラインで、他社との借入を含めて100万以上なら必須)、勤務先などは在籍確認をとるためウソはつけません。

虚偽の情報で申し込んだことが発覚すれば当然その審査には通過しませんし、それだけではなく虚偽の情報で申し込みをしたこと自体で大きく信用を落とすことになりますので、他の機関の審査を受けたとしても著しくスコアを落とすことになります。

100害あって1利なしな行為ですので絶対にやめましょう。

ちなみにですが、虚偽の情報がわかってしまうケースには以下のようなケースがあります。

・身分証明書でバレる

・他社が登録した信用情報でバレる

・収入証明書でバレる

・健康保険証でバレる

・在籍確認でバレる

カードローンの申し込みには身分証明書の提出は必須項目になっており、居住年数などは絶対にバレます。

また、先述いたしました通りCICやJICCと言った指定情報機関を通して各金融機関は信用情報を共有しているため、登録されている情報と異なる場合はすぐにバレます。

また、こちらも先述いたしました通り、借入額が一定額を超えると収入証明書不要のカードローンであっても収入証明が求められ、中でも源泉徴収票には勤続年数や収入額などの情報が記載されているため申し込み内容との不一致が知られることとなります。

また、カードローンの借入申し込みの際健康保険証の提出を求められることがあります。

健康保険証は勤務先および勤務形態を担保するものとなりますし、スコアリングシステムに組み込んでいる業者も存在しているほど、貸付をする側にとっては重要な身分証明書です。

勤務先に関しては在籍確認電話でもバレますので、結局は虚偽の情報はどこかで知られることとなります。

カードローンの審査は借入の際だけでなく、利用している間も行われ、金利や上限借入額などに影響します。

万が一虚偽の情報で申し込み、それがバレた場合は、そういった面でも著しく信用を落とし、最終的に自分の首を絞めてしまうため絶対にやめましょう。

 

一度に複数のカードローンに申し込むこと

これはやってしまいがちですが、絶対にやってはいけない行動です

借入をする側からすると審査に通過するか不安であるためやってしまいがちなのですが、貸付を行う側からするとこれ以上ないほど悪質な行為と言えます。

特に消費者金融を含めた貸金業者にとっては行政処分を受けかねない危険性をはらんだ行為となり、仮に複数のカードローンに同時に申し込んだとすれば、以降カードローンの借入申し込み審査に通過しないことも覚悟をしなければならないでしょう。

どうしてそのようなことになるかというと、総量規制の問題が絡んでくるからです。

関連:知らないではすまされない!カードローンと総量規制

貸金業者は貸付の際借入申し込み者に年収の3分の1を超える額を貸付してはいけないことになっており、この規定を破ると行政処分が下され、最悪の場合貸金業者の免許をはく奪されます。

カードローン申し込みの際に信用情報機関に情報の照会が義務付けられ、行われるのも、この総量規制に違反しないようにという意図がとても強いと言えます。

仮に、年収300万円の人がA社、B社、C社に50万円ずつ借り入れ申し込みをしたとしましょう。

1社では50万円なので総量規制の規定要件を満たしませんが、3社とも借入をした場合は総額150万円となり年収の3分の1を超えてしまいます。

この場合、A社、B社、C社はともに行政処分を受けることになります。

同時に複数のカードローンに申し込むことが如何にカードローン運営会社にとって恐ろしい行為かお分かりいただけたでしょうか?

貸付を行う側からすると、同時に複数のカードローンに借り入れ申し込みをすることは、完全なるルール違反であり、許しがたい行為なのです。

カードローンに申し込みをしたことは、信用情報機関を通じて各金融機関に共有されます。

同時に申し込みをするという行為は悪質な行為とみなされるため、以後どの金融機関でも「ルールを破った者」とみなされ、カードローン審査には通過しなくなってしまうので気を付けましょう。

なお、同時に申し込みを行ったからと言って一生借入が出来なくなるわけではありません。

カードローンへの申し込み情報は6か月間信用情報機関に登録されていますので、その期間を過ぎれば借入申し込みも可能になります。

ただ、信用情報機関とは別に各金融機関が内部で持っている情報がありますので、同時に申し込みをしてしまった金融機関からの借入は難しいと思った方が良いでしょう。借入申し込みは別の業者にするようにしましょう。

いずれにせよ同時に申し込むメリットは1つもないため、必ず借入審査は1つずつ受けるようにしましょう。