銀行のカードローンのサポート機能として知られる「自動融資機能」

 

自動融資機能とは?

 

公共料金などの口座振替請求によってカードローンの返済用普通預金口座の残高がする際、極度額内において不足額を自動的に融資する機能のことを自動融資機能と言います。

これだけだと少しわかりくいですね。

自動融資機能に関しては、どの金融機関でも行っているサービスという訳ではなく、またどのような支払いが適用されるかという要件も異なります。

多くの場合自動融資機能を付与するために

 

・契約銀行の口座を持っていること

・該当口座が公共料金や家賃、クレジットカードの支払口座に指定されていること

 

 

の2つを条件にしています。

 

自動融資のメリット

 

自動融資機能のメリットは何と言っても残高不足を防ぐことができるという点にあります。

先述いたしました通り自動融資機能を付与するのは家賃や公共料金の支払いをする口座ですので、忙しくて銀行に行く暇がなかったり、うっかり入金し忘れて残高不足になってしまうということがなくなるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

自動融資機能を利用すれば、カードローンの借入極度内で自動入金されるため残高不足を防ぐことができ、返済がとても簡単になります。

 

自動融資のデメリット

 

便利な自動融資機能ですが、デメリットもあります。

 

 

・引き落としの内容は選べない

・「カードローンの利用」になるので金利がかかる

 

例えばですが、家賃やクレジットなどは自動融資の対象にしたいけれど公共料金は別に良いなどのように引き落としの種別を個別に選ぶことはできません。

また、カードローンによってはカードローンの返済に関しては自動融資機能の対象にならないこともあり、その場合は返済遅滞となってしまい信用情報機関に情報が登録されてしまうため注意が必要です。

関連:カードローンと信用情報

また、自動融資も貸付ですのでカードローンと同様の金利がつき、利息が発生する点にも注意が必要です。

カードローンの支払方法の多くは「残高リボルビング払い」であるため、新たな借入をすると返済期間が長くなり、結果的に借入総額も増えてしまうため注意したいものです。

関連:カードローンの返済方法「残高リボルビング方式」

 

各金融機関の自動融資の対象外項目

 

みずほ銀行

 

預金の払い出しやカードローンの返済は自動融資の対象外となります。

 

三井住友銀行

 

以下の項目は自動融資の対象外となります。

  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金のお引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等のご預金間のお振替
  • 投信自動積立による自動引き落とし

 

 

三菱東京UFJ(マイカード プラス)

 

以下の項目は自動融資対象外となります。

  • ATMや窓口での預金の払い戻し
  •  「マイカード プラス」の約定返済、カードローン「バンクイック」の約定返済
  • 自動つみたて定期預金への自動振替等のお振り替え
  • デビットカードサービス
  • 定額自動送金サービス
  • リアルタイム口座振替サービス
  • その他当行所定のお取引

 

イオン銀行

 

以下の項目は自動融資対象外となっています。

  • 積立式定期預金・投信自動積立への自動振替
  • 当行ローンの元金返済および利息支払
  • WAON(電子マネー)へのオートチャージ
  • イオンクレジットサービス(株)の引落とし

 

ジャパンネット銀行

 

ローン返済時普通預金口座が残高不足での自動融資は適用されません。