カードローンの利用をする際、カードローンやキャッシングなどの支払はもちろん奨学金の返済の支払遅れや携帯端末代金の支払遅れは審査に影響してしまいます。

関連:奨学金とカードローン審査の関係

関連:携帯代金の支払い遅れとカードローン審査の関係

問題なのはどの程度返済が滞ると審査に影響するのか?という点だと思います。

今回はそのあたりについてみていきましょう。

遅滞と延滞の共通点と違い

遅滞、そして延滞ともに返済日に返済をされなかったという点は共通しています。

また、現在では遅滞も延滞もともに情報信用機関に登録されるという点も共通していると言えるでしょう。

関連:カードローンと信用情報機関

では何が違うかというと、返済がなされなかった期間だと言えます。

通常、カードローンは毎月決められた額を返済していく残高リボルビング方式を採用しています。

関連:残高リボルビング方式

そのため、毎月約定日に決まった額を返済することになっていますが、何らかの理由でこの返済滞った場合にまずは「遅滞」となります。

遅滞が発生するとカードローンの貸付を行っている金融機関から連絡があり、返済が滞っている分をいつ支払えるのかという支払日を決定することになります。

この支払日にきちんと返済をした場合は遅滞扱いになりますが、さらに返済をしなかった場合「延滞」となる場合があります。

基本的な「延滞」の定義は61日以上もしくは3か月以上の支払遅滞があることとなり、期間については情報が登録される機関によっても異なります。

指定情報機関である日本信用情報機構(JICC)においては3か月以上の滞納で延滞として情報が登録され、同じく指定情報機関であるCICでは正常入金期間から61日以上が経過した際にそれぞれ情報が登録されます。

詳しくは、それぞれのホームページをご覧ください。

⇒JICC

⇒CIC

 

遅滞・延滞がカードローン審査に与える影響

「遅滞」であれば基本的にカードローン審査に影響はないと言えます。

*遅延損害金は発生します。

関連:カードローンの返済期日に遅れるとどうなる?

1か月の支払遅延であれば、悪質性は低いと判断され、期日日にしっかりと返済がなされていれば問題ないとみなされます。ただ、指定日に返済できなかったり、幾度も遅滞を行ってしまうようであればカードローン審査には悪影響を与えてしまいます。

一方「延滞」は問答無用でカードローン審査には通過しません。

3か月以上返済が滞った期間があると悪質とみなされ、一般的には金融事故を起こした人間とされます。

そのような人間に貸付を行うのは返済の確率の低いリスクのある貸付であると判断されますので、情報が登録されている期間である5年間はカードローンの利用を諦めましょう。