最初に結論を言うと、フリーターの方に最もおすすめなカードローンはプロミスとなっています。

カードローンはやっぱりプロミス♪



・即日融資も可能♪
・Web完結も可能♪
・うれしい30日間無利息♪
・パート、アルバイトでも申し込み可能♪
・原則収入証明書不要♪


*30日間無利息サービスを利用する場合はメールアドレス登録とWeb明細書の登録が必要です。

*プロミスのみで50万を越える借入もしくは他社との合計で100万を越える借入をする際には収入証明書が必要となります

まずは簡易的な診断から

プロミス

プロミスがフリーターにおすすめな理由は3つ

 

① 審査通過率が全カードローンの中でもトップクラスに高い

② 自動契約機の数が全カードローンサービスの中で最大

③ そもそものターゲット層の1つにフリーターがある

 

ある種のマスクデータとしてカードローンには審査通過率という数値が存在します。

算出方法は少し複雑な計算式なのですが、簡単に言えば借入を申し込んだ人の内どれくらいの人が実際に借入をすることができたのかを表す数値となっており、ほとんどのカードローンではその数値を発表していません。

特に銀行カードローンで審査通過率を公表している金融機関は皆無で、金融庁からの注意もあり、一般的な審査通過率は20%前後と言われ、銀行によっては一けた台であると言われています。

カードローンの審査はスコアリングシステムと呼ばれる与信判断を採用しており、年収や職業など多彩な要素から審査通過可否を判断しています。

審査の通過難易度としては一般的に銀行>信販会社>クレジット会社>消費者金融の順になっていて、銀行カードローンはフリーターの方など非正規雇用に対する貸出には消極的、審査通過率も高くはありません。銀行カードローンは金利が低いので魅力的に見えますが、審査が厳格化している今は全くおすすめできません。

一般的な認知度は低めになっていますが、カードローン審査は一度落ちてしまうと与信そのものが下がってしまう傾向にあり、審査落ちの情報は信用情報機関と言われる業者を通じて各金融機関に共有されています。初めから銀行カードローンなどに申し込んでスコアリングを落とす必要などありません。

最初は審査通過率の高いカードローンを選ぶべきです

プロミスは審査通過率を公表しており、40%台中盤から後半と高い審査通過率を誇っています。

プロミス審査通過率

年月日 2018/5 2018/6 2018/7 2018/8 平均
通過率 47.3% 45.7% 44.6% 46.4% 46%

データ引用元:プロミス月次データ

この数値はカードローン全体でトップクラスとなっていて、現在最も申し込みをすべきカードローンとなっています。

また、自動契約機の数はトップで、プロミス単独で約1100もの自動契約機があるだけでなく三井住友銀行の自動契約機約700台も利用できるため最も利用しやすくなっています。三井住友銀行の契約機を利用すれば外からはカードローンの利用だと知られない点も大きなメリットだと言えます。

後述するように即日融資を受けたい場合は公式ホームページより申し込みをしたのちに自動契約機でカードを受け取るのが良いため契約機の数はアドヴァンテージだと言えるのです。

そして何より、プロミスはフリーターの味方です。

歴代CMを思い出しても、その主役は夢を追いかける若者となっています。同系列のSMBCモビットが「大人のカードローン」というコンセプトを打ち出しているところからも棲み分けができていると言えます。

即日融資にも対応しており、プロミスはフリーターの方には最もおすすめのカードローンだと言ってよいでしょう。

プロミスで土日祝日および平日銀行閉店後に即日融資をするためには以下の条件を満たす必要があります。

① 公式ホームページより申し込みをし、審査通過連絡後カードを無人契約機受け取りで契約する

② 営業時間内にプロミスもしくは三井住友銀行の契約機にてローンカードを受け取り、ATMにて現金を引き出す

イメージとしては帰りの電車内でスマホ申し込みをして、帰り路にカードを受け取りATMでキャッシングをするという感じですね。

審査時間も最短30分ほどですので、スピーディに借り入れができるのがプロミスの良い所です。

また、プロミスの無人契約機が全国に1100台以上、三井住友銀行ローン契約機(ACM)700台以上、合計1800台ものローンカード発行可能機体があり、これはカードローンサービスを提供している金融機関で最大規模のネットワークとなっております。

プロミスの無人契約機は22時まで、三井住友銀行ACMは21時までとなっておりますので、それまでにカードの受け取りまで進み、24時まで営業しているプロミスのATMなどでキャッシングをします。

*店舗によって営業時間が異なります。

以下は三井住友銀行ACMの画像です。

全国の三井住友銀行の支店などに設えてあり、三井住友銀行の普通預金などもここで開設するため、周りからはカードローンのカード発行をするのだということはわからないようになっています。

プロミス三井住友

中から鍵も閉められるため覗かれる心配もありません。

三井住友銀行鍵

中にはわかりやすいパネルと係員につながるフォンが置いてあるため初めての利用でも安心できます。

プロミスオペレイター

以下はプロミスの無人契約機の画像です。

2016-11-25-17-10-12-min

こちらも中から鍵がかけられるようになっています。

2016-11-25-17-10-47-min

こちらもインターフォンが備え付けてあるのでわからないことはすぐに聞くことができます。

2016-11-25-17-11-01-min

カードが発行されたら隣にあるATMでお金を借りることができます。

2016-11-25-17-11-31-min

 

プロミス申し込み

 

審査通過率のアイフル!
アイフル・審査から申込、契約までWEBでOK!
・ローンカードは指定時間に配達可能
・安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
・最短1時間融資も可能
・1秒診断が便利


アイフル審査

アイフルもまた審査通過率の高いカードローンであると言え、審査通過率を公表している金融機関の1つです。

審査通過率は40%台中盤となっており、こちらもまたフリーターへの貸し出しには積極的です。

無人契約機の数は約800台とプロミスに比べて少ないですが、こちらも十分に数が多いと言えますね。

アイフルへの申し込みにはインターネットや無人契約機による方法がありますが、今回はスマホやパソコンからの申込方法を解説したいと思います。

公式ホームページにアクセスし、いますぐお申込みのボタンを押します。

*事前に融資可能か1秒診断も受けられます。

2016y11m28d_061926328

借入希望金額や氏名、メールアドレスなどを入力したら申し込みは完了です。

2016y11m28d_062248552

即日融資を希望する場合は、申し込み完了後にフリーダイヤルで急いでいる旨を伝えましょう。

フリーダイヤル

0120-337-137

受付時間:9:00~21:00

優先的に審査を行ってもらえます。

早ければ30分ほどで審査結果がメールもしくは電話連絡にて通知されます。

審査通過後に本人確認書類(運転免許証などをウェブでアップロード)することにより借入ができるようになり、

  • ATM
  • 振り込み
  • 電話連絡

などの方法で利用ができるようになります。

振り込みおよび電話連絡による方法であれば銀行口座への振り込みが可能となりますが、ATMを利用する場合カードが必要になります。

カードの受け取りには

  • 自宅で受け取る
  • 無人契約機で受け取る

の2種類の方法があり、自宅で受け取る場合に時間指定ができ、かつ本人限定受け取り配送でカードが送られてきます。

無人契約機で受け取る場合は全国各地にある「てまいらず」という電話BOXでローンカードを受け取ります。

アイフル申し込み

中から鍵がかけられるので安心して手続きが行えます。

アイフルてまいらず

オペレーターにつながる受話器もあるので初めてでも安心です。

アイフルカード発行

カードを受け取ったらATMで出金できるようになります。

アイフルATM

 

アイフル審査

 

フリーターはカードローン審査に不利なの?

結論から言うとフリーターの方はカードローンおよびキャッシングの審査に不利だと言えるかも知れません。

カードローンやキャッシングの審査においてはスコアリングシステムと言われる方式が採用されており、いくつかの項目を評価することで点数化し、そのスコアによって貸し出し可否、上限貸し出し額、金利などを決定します。

金融機関によっても多少異なりますがスコアリングシステムの評価項目は以下のようになります。

・年収

・勤続年数

・雇用形態

・住居に関する項目

・家族構成

・現在の信用情報

・過去の信用情報

これらの項目の内容に関してはこちらのページで詳しく記載しておりますのでここではあまり語りませんが、先述の通り雇用形態に関するスコアリング評価の比重は高いです。

評価基準は

公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パートタイム・アルバイト>自営業

の順になっておりアルバイトの評価は残念ながら高くはありません。

銀行カードローンの中には「フリーターの方も借入可能」という表記がある所もありますが、そういったサービス以外は申し込みをしない方が無難であると言えるでしょう。

他のサービスにおいて、例えば受験などであれば試しに受ける、ダメ元で受けるという概念がありますが、カードローンおよびキャッシングではそれはご法度です。

特に同時に申し込みをする行為は最悪であると言え、虚偽の情報で申し込みをするのと同様のレベルでしてはいけない行為となっています。

また、一度借入審査に落ちると信用情報スコアリングが下がってしまい、次の借入に不利になってしまう点も重要です。

就職活動の面接で「他に内定の出ている会社はありますか?」と聞くのは他に内定のある学生=価値の高い学生という認識が働くためです。逆に言えば他のカードローン審査に通過しなかった=与信が高くないという推定が働きます。特にカードローン・キャッシングは無担保・保証人なしという金融機関側から見るとリスクの高い貸付であるため審査は慎重にならざるを得ません。

借入審査の厳しさは

銀行>信販会社>クレジット会社>消費者金融

の順になっており、銀行カードローンの審査はかなり厳しめです。

フリーターの方の審査通過ポイントは勤続年数と収入の安定性

カードローン審査にはいくつかのポイントがありますが、フリーターの方が審査通過するために重要なのが「勤続年数」と「収入の安定性」です。

通常、カードローン審査のための条件については年齢などの記載がほとんどで根幹のスコアリングシステムについて記載されることはないのですが、ほとんど唯一の条件として「安定した収入のある方」という記載があるのがいくつかのカードローンの利用条件を読んでいるとわかります。

おおよその目安ではありますが、上記カードローン審査に通過するには過去に金融事故を起こしていない前提で最低でも半年の勤続年数一定の収入の安定性が必要となります。

フリーターの方がカードローンに申し込む際に注意したい点

実際に申し込みをする際には以下の4つの点に気を付けて借入を行いましょう。

同時に申し込みをしてないか

虚偽の情報で申し込みをしていないか

総量規制に抵触していないか

必要事項をしっかり記入し写真がボケていたりしないか

意外とやってしまうのが複数申し込みです。

いくつか申し込みをして審査に通過しようなどと考えると大変なことになってしまいます。

例えば年収300万円の人がアイフルとプロミスに同時に70万円を越える借入の申し込みをしたとしましょう。

両方の審査に通過してしまったら借入金の合計は100万円を越えてしまいます。

貸金業法という法律には年収の3分の1を越える貸付を行ってはいけないという決まりがあり、総量規制と呼ばれています。総量規制を破れば即行政処分が下されて、最悪免許取り消しになってしまうのです。

そのような事態にならないために、上記の例では2社とも審査に通過させることはありません。

どうやって2社の申し込みをしたことを知るんだ?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、カードローンを申し込む際には信用情報機関と呼ばれる機関にカードローンの申し込みをしたことが記録されます。

仮に同時に申し込みを行ったことが記録されれば、一定期間の間借入審査に通過することはなく、借入そのものが出来なくなってしまいます。

誰も得しない結果になるため絶対にやめましょう。

虚偽の内容で申し込みをするのも同様です。

そして、申し込みをする際には必要事項を過不足なく入力し、写真はしっかりと本人だとわかるものを撮影しましょう。