キャッシング、カードローン、ビジネスローン、実に様々なローンの名称が存在しています。

今すぐ資金が必要だけど、どれを利用すればよいのかわからない!

という方のために、今回はビジネスローンとカードローンの違いについてみていきたいと思います。

関連:カードローンとキャッシングの違い

カードローンとビジネスローンの違い

似たような名称の2つのサービスですが、違いは2点です。

借主の違い・資金用途の違い

借入審査項目の違い

借主の違い・資金用途の違い

 

カードローンを利用するのはあくまで「個人」ですが、ビジネスローンの借主は「個人事業主および法人」となっています。

このことにより、貸金業者のカードローンは総量規制の対象になりますが、貸金業者のビジネスローンは総量規制の対象にならないという違いが生まれます。

参考:カードローンと総量規制

また、カードローンの資金用途は基本的に生計費に限るのに対し、ビジネスローンの資金用途は「事業に係る資金(運転資金や設備資金など)」に限るという用途の違いも存在しています。

*カードローンにおいて、個人事業主の場合は生活費及び事業費に限る

法人としてビジネスローンを申し込んだのに個人の遊興費に使用することや、カードローンの申し込みをしたのに法人の事業資金に使用することは契約違反となってしまいます。

 

借入審査項目の違い

ビジネスローンとカードローンの最大の違いは審査項目の違いと言ってもよいかも知れません。

カードローンの借入審査の際には、借入申し込み者の年収や勤務形態などの属性と過去の金融機関利用実績などの信用情報をそれぞれスコアリングし、最終的に審査の通過可否を決めます。

関連:カードローンの借入審査項目

一方のビジネスローンの借入審査の際には、賃借対照表や損益計算書を元にした決算情報や事業歴などの項目が重要視されます。

関連:ビジネスローンの借入審査項目

ビジネスローンとカードローンの共通点

ビジネスローンとカードローンは基本的には別物と言えますが、共通点もいくつかあります。

・借入上限額内では何度も借入ができる

・審査から融資までの時間が短い

・保証人が不要

・担保が不要

・返済方法の多くが残高リボルビング方式である

・借入上限額は高くない

・金利は高めである

元来の融資であれば担保や保証人が必要でした。そのために審査にはとても時間がかかり、借入のたびにまた審査が必要であるなど借入までの時間がかかっていましたが、カードローンやビジネスローンなどはその点がスピーディになりました。

つなぎ資金など今すぐ資金が必要な人には向いているサービスだと言えるでしょう。

一方で借入額はそこまで高くなく、特に最初の借入では50万円が上限額になることが多いと言え、担保や保証人などがないため貸し手のリスクが高いため、金利はノンバンクなら18%前後と比較的高めになっています。

また、返済方式が残高リボルビング方式であるため、ビジネスローンに関しては手形貸付などよりも返済期間を長く設定できるメリットがある一方、返済を長期化させると返済総額が上がるというデメリットにもなりえます。できるだけ繰り上げ返済をして元金を減らすことが大切になってきます。

 

個人事業主はカードローンとビジネスローンのどちらが利用しやすい?

 

法人はビジネスローンの利用、個人はカードローンの利用とそれぞれすみわけがされていると言えますが、問題なのは個人事業主の借入です。

結論から言うと個人事業主はビジネスローンを利用する方がよい場合が多いと言えます。

既に体験された方もいらっしゃるかも知れませんが、個人事業主がカードローンを利用する場合審査に通過するのはなかなか難しいことが多いのです。

それは、カードローンの審査の際には「所得の継続性」が求められるためです。

個人事業主の多くは所得の多い月とそうでない月の差が激しいと思います。また、経費などで年収の額が低く出る点などもカードローン審査をする際には不利なポイントと言えます。

また、カードローンは総量規制の対象にもなるため、いざという時に借り入れができない場合がある点も考慮に入れる必要があります。

ビジネスローンの借入は、きちんと期日以内に返済をすれるなど優良顧客だと認められれば借入金額の上限が上がり、金利も下がることがあるため、備えという意味でも軍配が上がると言えるでしょう。

 

⇒おすすめのビジネスローン

 

⇒おすすめのカードローン