総合力No.1カードローンであるプロミスの、在籍確認について詳しく見ていきましょう。

総合力No.1カードローンはやっぱりプロミス
・即日融資も可能♪
・Web完結も可能♪
・うれしい30日間無利息♪
・パート、アルバイトでも申し込み可能♪
・原則収入証明書不要♪

プロミス

*30日間無利息サービスを利用する場合はメールアドレス登録とWeb明細書の登録が必要です。

*プロミスのみで50万を越える借入もしくは他社との合計で100万を越える借入をする際には収入証明書が必要となります

まずは簡易的な診断から

プロミスの在籍確認について解説

プロミスカードローンの在籍確認も他のサービス同様に電話連絡で行われます。

カードローンを利用する際、周りには借入の事実を知られたくないという方がほとんどだと思いますので、電話連絡と聞くとドキっとしてしまう方もいるかも知れません。

プロミスも対象となる貸金業法という法律において「借入の事実を第三者に知られてはならない」という規定があるため、プロミスの側から周りの人間に借入の事実を知らせることは基本的にはありません。

*法令に基づき、本人の同意を得た上で情報信用機関への情報の照会・登録は行います。

関連:カードローンと信用情報機関

カードローンの申し込みの際に必ず必要となる在籍確認においてもプロミスは在籍確認用の携帯電話を用意し、名前を名乗る際にはプロミスの名前はださずに担当者の個人名を使用するなど徹底しているほどです。

仮に職場の人間にプロミスの利用が知られた場合、貸金業法違反となってしまうため利用者以上にカードローンの利用を知られて困るのはプロミスの側ですので、電話連絡の際には「プロミス」や「カードローン」「借入」などの言葉は使いません。本人が出た場合でかつ本人がどこからの電話であるかを問いただした時のみ担当者はプロミスの名前を出すようになっています。

もっとも、在籍確認の電話はクレジットカードの申し込みや住居を借りる際にそうだったように、大半は本人が知らないうちに完了しているものです。

ただ、プロミスの在籍確認は日時を指定することも可能ですので、時間を指定すれば自分が電話に出られる可能性は高まります。

なお、書面による在籍確認に関して以前は受け付けていたらしいのですが、現在ではプロミス在籍確認においては電話連絡が必須となっています。

そもそも在籍確認はどうしてする必要があるの?

在籍確認において貸金業者側は少なからずリスクを負っているのがお判りになられるかと思われますが、なぜこのようなリスクを冒すのでしょうか?

答えは審査項目と評価にあります。

カードローンの審査は大きく分けて「属性スコアリング」と「信用情報スコアリング」の2つの分かれており、多くの項目を点数化して借入の可否・上限借入額・適用金利などが決まる所謂スコアリングシステムによって成り立っていることが知られています。

過去の借入状況などを表す「信用情報スコアリング」は増額審査の際に重要になりますのでここでは置いておいて、借入審査の際には個人の与信能力をはかる「属性スコアリング」が重視されることは広く知られています。

「属性スコアリング」に含まれる項目は「年収」「勤続年数」「勤務先での役職」「勤務形態」「住居形態」「家族構成」などがありますが、その項目の多くが職業及び勤務先情報と不可分であることが良くわかると思います。

勤め先での立場や勤続年数が分かればある程度の与信が判断できるのはわが国独自のことであると言えるかも知れません。

海外ではクレジットヒストリーを重視することが多く、職場が何かを担保するとは考えられていません。同じ会社にずっと勤め続けることも少ないですし、年収は同じ会社の人間でも大きく異なります。我が国はまだまだ転職は一般的なこととは言えず同じ会社に勤め続ければ給料は自動的に上がっていきますので、勤続年数などは特に高いスコアリングを与えられています。

さて、それほど重要な職場に関する情報の最終確認こそが在籍確認であると言えます。

借入歴などは信用情報機関に情報の照会を行えば確認可能ですが、本当にその人がその職場に在籍しているかどうかはやはり電話連絡による在籍確認を行うことでしか確認できないのです。

 

在籍確認の電話連絡なしで申し込めるカードローンはないの?

世の中のほぼすべてのカードローンサービスは借入審査の際において在籍確認の電話連絡を行います。

ただ1つSMBCモビットのWEB完結申し込みだけは在籍確認の電話連絡なしで申し込むことができます。

利用するための条件は以下の2点です。

① 三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行に口座を保持し、かつ返済用口座に指定すること

② 社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を持っていること

SMBCモビットに関して詳しくは以下の記事をご覧いただければと思います。

関連記事:SMBCモビットの口コミや審査を徹底解説

また、Web完結申し込みを行いかつ口座振替による返済を選択していれば郵送物なしでの契約も可能となります。

郵送物によってカードローンの利用が家族に知られてしまうこともあるためこの配慮はうれしい所ですね。