独立系カードローンで最大手のアイフルの在籍確認について見ていきましょう。

審査通過率のアイフル!
アイフル・審査から申込、契約までWEBでOK!
・ローンカードは指定時間に配達可能
・安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
・最短1時間融資も可能
・1秒診断が便利


アイフル審査

アイフルの在籍確認はどのように行われるの?

基本的にカードローンの在籍確認は金融機関が記載されている職場への電話連絡をすることで完了します。

アイフルの在籍確認も他のカードローン同様基本的には職場への電話連絡という形で行われますが、書類による在籍確認に応じる場合もあります。

基本的にはアイフルの在籍確認電話は「アイフル」の名前を名乗ることはなく、担当者の個人名で行われかつ電話連絡用の携帯電話でかけるためナンバーディスプレイなどで表示される番号にかけてもアイフルからの電話だということはわかりません。

書類による在籍確認を希望する場合には申し込み後にかかってくる本人確認の電話の際その旨を伝えるのが良いでしょう。

もしどうしても職場への電話連絡が嫌であるという場合にはSMBCモビットのWeb完結申し込みを利用するのがよいでしょう。SMBCモビットのWEB完結申し込みであれば在籍確認の電話連絡なしで申し込みができ、更に郵送物無し・カードレスでの借り入れが可能となります。

なおSMBCモビットのWEB完結申し込みを利用するには以下の条件を満たす必要があります。

・三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行の口座を保有し、それを返済用口座として指定する

・社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を持っている

詳しくは以下の記事をお読みいただければと思います。

⇒SMBCモビットについて詳しく見る

アイフル独自のサービス「配達時間えらべーる」について

アイフルは「配達えらべーる」というサービスを実施しており、カードの配達時間を選ぶことができますので、SMBCモビット同様家族に知られずに利用できるサービスであると言えます。

カードローンの利用を回りの人に知られてしまうパターンとして配達物で気づかれるというパターンがありますが、配達物の時間を指定することでそのリスクを回避できるという訳ですね。

「配達えらべーる」で指定できる時間は6種類あり、15時までに手続きができた場合には翌日から配達、15時以降に手続きが行われた場合翌々日から配達が可能となっています。

カード配達までの流れは申し込み⇒審査結果⇒手続き⇒指定時間にカードを配達と言う流れになります。

配達物自体も本人指定郵便となるので家族に知られる心配はありませんね。

アイフルでも在籍確認の電話連絡なしで申し込みが可能?

実はアイフルでも条件によっては在籍確認の電話連絡なしで借入が可能です。

条件というのは、まずアイフルに通常申し込みをした後すぐにこちらから電話連絡を行い在籍確認の電話連絡なしで申し込みができないかどうかを聞きます。

場合によっては会社発行の健康保険証であったり給与明細などであったりで在籍確認を行うこともあるそうです。

SMBCモビットのWEB完結申し込みとは異なり確実と言う訳ではないので注意しましょう。

アイフルの在籍確認はどのタイミングで行われるの?

在籍確認自体がいつ行われるか気になっている方も多いと思います。

在籍確認はアイフルの審査の一環として行われており、審査の流れは以下のようになっています。

 

① アイフル公式ホームページより必要事項を記入し申し込みをする

② アイフルから申し込み確認の電話連絡が来る

③ アイフルで借入審査が行われる(最短審査時間は30分)

④ 仮審査通過の場合はその旨が送られてくるので明示された必要書類を提出(スマホなどでアップロード可能)

⑤ 在籍確認が行われる

⑥ 審査通過した場合はその旨がメールで通知される

在籍確認はいわば本審査の一環として行われます。

もし在籍確認の電話連絡の時間帯を指定したい場合は②の段階でその旨を伝えましょう。

④で提出が必要とされる必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」になります。申し込む際にはあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

「本人確認書類」は基本的に運転免許証が優先され、ない場合は顔つきの本人確認書類が必要となり、「パスポート」「住民基本台帳カード」「特別永住者証明書」「在留カード」「公的証明書」「個人番号カード」などが必要です。

「収入証明書」は「源泉徴収票」「住民税決定通知」「給与明細」「確定申告書」「所得証明書」などが必要になる場合があります。

収入証明書として給与明細が必要となる場合は直近2か月分が必要となり、賞与支給のある場合は1年以内の賞与明細書が必要となります。
なお、住民税決定通知書がある場合は1か月分の給与明細書があれば大丈夫となります。
収入証明書が必要になるのは主に以下の3点の場合です。
① 利用限度額が50万円を超える場合
② 利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
③ その他就業状況の確認等、審査の過程で提出をする場合