ふくおかフィナンシャルグループの傘下である福岡銀行カードローンについて詳しく見ていきましょう。

外部リンク:福岡銀行カードローン公式ホームページ

福岡銀行カードローン審査は厳しい!

最初に結論から言うと、福岡銀行のカードローン審査は厳しいです。

カードローン審査難易度と金利は密接な関係にあり、金利が低ければ低いほど審査難易度は高いということが言えます。

福岡銀行カードローンの金利は上限金利14.5%と消費者金融系カードローンの18.0%よりも低い水準にあります。

もちろん実際に借入ができた場合はよいのですが、そもそも借り入れができる可能性がそれらのカードローンよりも低めとなっています。

また、福岡銀行に限らず2018年以降より銀行カードローンの審査は厳しくなりました。

原因は自己破産者が増えたことと、銀行カードローンが総量規制の対象外である点にあります。

2006年の貸金業法の改正以来我が国の自己破産者の数は減り続けていましたが、2017年には増加傾向になり、金融庁がこれを問題視した結果銀行カードローンに原因がありと判断した訳です。

総量規制というのは年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないとする貸金業法上の規定のことですが、これの対象となるのは消費者金融・クレジット会社・信販会社などの貸金業者だけとなっており、銀行のカードローンは所謂総量規制対象外でした。

そのため年収の3分の1を超える貸付を行っていることが金融庁の調査で判明し、各銀行に注意が入ったわけです。

よって福岡銀行に限らず全銀行カードローンが現在審査を厳格化しており、審査通過率で言えば高くても20%、10%を下回ることも少なくないのが現状です。

更に厄介なのがカードローンの審査に1度落ちると信用情報スコアリングと呼ばれるスコアが下がり、二度目以降の審査にも落ちやすくなるという傾向があるため、最初から審査通過率の高いカードローンを利用するのが良いでしょう。

審査通過率の高いカードローンはこちら

福岡銀行カードローン審査の仕組みと流れ

まずは福岡銀行カードローンに申し込む必要があります。

口座のあるなしで多少変わる面もありますが、基本的な流れとしては以下の通りです。

① 申し込みをする

② 審査

③ 審査結果の連絡およびカードの発行

福岡銀行の審査は通常5日から7日ほどかかり、場合によっては3週間ほどかかります。

WEB完結申し込みにも対応していますが、福岡銀行に普通預金口座がありかつキャッシュカードを保持している必要があります。

福岡銀行カードローンの審査を行うのはSMBCコンシューマーファイナンス(株)となっており、福岡銀行が審査を行う訳ではありません。

一般的にカードローンの審査はスコアリングシステムと呼ばれるシステムを採用しており、金融機関によっても異なりますが以下のような項目を重視する傾向にあります。

・年収

・勤務先規模

・勤務先での立場

・勤続年数

・借入の状況

これらの項目を点数化し、その合計点数で借入ができるかどうか、借入の上限額はいくらになるのか、金利はどの程度になるのかが決まります。

簡単に言えば信用度が高ければ高いほど有利な条件で借入ができるということですね。

福岡銀行カードローンの在籍確認はどのように行われるのか?

カードローンの申し込みとは切っても切れないのが在籍確認です。

在籍確認というのは、申込内容において虚偽の内容で申し込まれていないか実際に職場に電話連絡をして確認することを言います。

福岡銀行は「福岡銀行」の名前でもって電話をかけ、電話番号も福岡銀行のものを使います。

特にカードローンの利用を職場の人に知らせることはありませんので職場の人にカードローンの利用がバレることはあまりないでしょう。

むしろ審査通過後にカードなどを郵送してきますので、家族にバレる確率の方が高いです。

それらが嫌な場合はSMBCモビットのWEB完結申し込みを利用するのが良いでしょう。

同サービスでは条件がそろえば「電話連絡なし」「郵送物なし」「カードレスでの借入も可能」となっています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

リンク:土日祝日の即日融資も可能!SMBCモビット審査と在籍確認の流れや基準、評判・口コミから通過のコツまで徹底解説!

福岡銀行カードローン概要

利用条件 ・20歳以上69歳以下

・収入のある方

・居住地および勤務先が九州・山口の方、または福岡銀行の普通預金口座をお持ちの方

用途 事業性資金以外自由
借入上限額 10~1000万円
金利 3.0~14.5%
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)

 

福岡銀行カードローン金利

福岡銀行のカードローンは借入上限額によって以下のように金利が変わります。

借入上限額 金利(実質年率)
10万円 ~ 100万円以下 14.5%
100万円超 ~ 200万円以下 12.0%
200万円超 ~ 300万円以下 10.0%
300万円超 ~ 400万円以下 8.0%
400万円超 ~ 500万円以下 7.0%
500万円超 ~ 600万円以下 6.0%
600万円超 ~ 700万円以下 5.0%
700万円超 ~ 800万円以下 4.0%
800万円超 ~ 1,000万円以下 3.0%

 

福岡銀行カードローンを実際に利用した人の口コミ

安易に借金できる怖さを体験するいい勉強にもなりました

給与口座でメインバンクだったのでATMを利用するたびにフリーローンのおすすめが表示されていました。
最初は気にも留めなかったのですが、ちょっと金欠になった時に案内画面に進んでしまいました。
消費者金融と比べて金利が安いことと、口座引き落としで返済できること、返済額も借入額に対してそこまで高くなかった印象です。
その時は申し込みはしなかったのですが、数か月後にまた少し金欠になった際に同じような案内が出たのでそのまま申し込みすることにしました。
なにより銀行のローンということで何となく消費者金融より大丈夫という先入観と、給与口座と同じなので利用のしやすさ、返済を忘れるリスクがないことなどから利用に至りました。給与口座ということもあってか、特段審査もなくあっさりと10万円の枠を取ることができました。
それからはある時に返して、ない時に借りるを繰り返すようになり、数か月で枠は90万円までアップしました。
最初はメイン口座だから大した審査もなく枠が増えているのかな、くらいにしか思っていませんでした。
実際、引き落としで返済していたので気が付けば月々の返済は終わっており、借金をしている感覚は希薄だったと思います。
事実引き落としが終わるとある程度元金も返済されており、それなりに返しているという錯覚に陥るからだと思いました。
今思うと返済が滞ったら給料を容易に差し押さえられるという巨大なリスクを抱えていたと思うと少し怖くなります。
メインバンクのローン利用は本当に簡単にできてしまいますが、使い方を間違うと大きな損失も生むということを学びました。
幸い大きな事故もなく取引は終わりましたが、安易に借金できる怖さを体験するいい勉強にもなりました。

旅行するときのまとまったお金を使う時に借り入れをしています

 

もともと福岡銀行をメインバンクとして使っており、ATMを利用するたびに、10万円のフリーローンの案内が表示されるため、試しに申し込みをしました。審査はなく、申し込みをした時点で利用できるようになり、職場への電話連絡もなかったので、とてもよかったです。実際には、生活費が足りない時にちょこちょこ借り入れをしては、ちょこちょこ返済をするということを繰り返しています。毎月定期預金を積み立てているのですが、預金を崩さずに、カードローンでまかなえるのでとても便利です。利息に関しても、私は福岡銀行で給与振込、投資信託、定期積み立て預金を利用しているので、利息を低くしていると窓口で案内されました。10%ほどだったと思います。消費者金融は18%、他の銀行でも14%のなか、福岡銀行は利率が低かったことも決め手となりました。

ATMで申し込みができて、職場連絡もありませんでしたので、使い始めもとても良かったです。返済についても自動引き落としなので、いちいちATM入金をしなくていいところも使いやすさのひとつです。それから、利用限度額引き上げを要求してくるような電話もありませんし、窓口でもしつこい勧誘が無いため、とても快適に使えています。私が実際に利用するのは生活費や娯楽で不足があった時に補填として利用したり、旅行するときのまとまったお金を使う時に借り入れをしています。貯蓄もしていますが、貯蓄を崩すことなく気楽にお金を借り入れることができ、返済も自動返済なので返済のし忘れもありません。追加返済はATMで入金できるので、まとまった金額を借入れした時は、貯蓄を崩さずに生活費をやりくりしながら返済しています。はじめの10万円の借り入れ枠は、一年経つと、優良お客様として50万円に引き上げることができました。それも窓口での審査や手続きは不要で、ATMでボタン一つでできました。もちろん希望しない場合は、引き上げをしないことも選択できます。

 

 

一括返済して思ったことは身の丈にあった生活をしなければならないということです

カードローン利用時の職業や年収、過去と現在の借入状況

職業は地方公務員で行政職、年収は約550万でした。
過去の借入はこの時だけ(50万)で現在借入はありません。

ボーナスまであと2ヶ月という時に欲しかったロレックスのサブマリーナがとある質店で売り出されているのをたまたま知りました。
質店に行き、見せてもらったところ、とても良い状態のものでした。
価格は65万で破格だと思いました。
しかし、現金払いと言われ、愕然。
お取り置きをしてもらって帰宅したのですが、諦め切れず寝ても覚めてもどうしてもそのサブマリーナが欲しくなりました。
しかし、ボーナス前で財形も解約しづらくて手持ちの現金はかき集めても15万ほどで、50万も足りません。
お取り置きは一週間と言われており、その間にどうにかしないといけない、考えに考えてカードローンだったら借りれるんじゃないか、いやカードローンしかもう手段はないんじゃないかと思うようになりました。
実はその質店でショッピングローンを組めますよ、とは言われていたのですが、質店のショッピングローンなんてなんだか信用できない気がして、それは断りました。
ボーナスが入ったら半分は返せるという見込みがあったのもカードローンという選択肢一択に傾いた理由ですし、怪しいところから借り入れるわけではないし、と自分に言い聞かせていたのも事実です。
とにかくそのサブマリーナを逃したらもうこれ以上の出物はないと思っていました。

給与口座の振込の口座を2つに分けていましたが、大半は福岡銀行へ振り込みにしていました。
そして、ATMでいつも預金を引き出す時にカードローンの案内見ませんか?というような画面が出ていたので、手っ取り早く福岡銀行のカードローンにしようと考えました。
パソコンで調べてみたら来店不要、融資利率も最大14,5%と想定内でしたし、何よりWeb上でお借入診断ができてすぐさま行ったところ融資可能という結果が出たことが決め手となりました。
福岡銀行に口座を持っていたため、同じ画面から申込書記入不要、印鑑不要のWEB完結という申し込みを直ちに行いました。
最短3ステップとうたっていましたが必要な書類もアップロードして提出で完結でした。
審査に1週間から10日を要するということでしたので、質店には15万内金を入れてひたすらお願いしてそれまでお取り置きを伸ばしてもらいました。
結果が出るまでは、もしダメだったらどうしようかとドキドキでした。
ちょうど1週間目に契約内容の確認という形で電話がかかってきました。
なんと翌日に50万が振り込まれるというので本当に驚きました。
そのとおり翌日にはたしかに50万が振り込まれていました。

借入して現金を手にした時は借りたという実感よりも自分のお金のような気がしていました。
しかし、サブマリーナを手にした時は本当に嬉しかったのですが、その後人生初めて50万もの大金を借金してしまったというなんとも言いようがない罪悪感に苛まれました。
ボーナスはいくらあるんだろう、と今更のようにビクビクし始めました。
まずはボーナス月の財形を減らす変更手続きをして、とにかく今度のボーナスでできる限り返してしまおう、できれば全額返済してしまおうと思いました。
今までペットボトルの飲料を一日に二本は買っていましたが、家でお茶を入れて水筒に詰めて持っていくようにしました。
コンビニでちょこちょこお菓子を買っていたのもやめて、お弁当もごはんだけでも詰めていくようにしました。
この点、コンビ二のATMで返済できるのはありがたかったです。
日曜日の夜に週末使わずに残ったお金をATMから1万返済したりとにかく、残高を減らしてしまおうと思いました。
そして、迎えたボーナスの日、明細をデスクのパソコンで見て一人ガッツポーズです。
どうにか残額を一括返済できる金額でした。
一括返済して思ったことは身の丈にあった生活をしなければならないということです。
以後、カードローンには手を付けていません。

 

福岡銀行は即日融資は可能なの?

福岡銀行カードローンにおいては即日融資はできません。

福岡銀行に限らず銀行カードローンは即日融資に対応していません。

理由は金融庁の要請により銀行カードローンの申し込みがあった際には警察庁の反社会勢力データベースに情報の照会を行う必要があるからです。

即日融資を受けたい場合は素直に消費者金融のカードローンを利用するのが良いでしょう。