最初に結論から言うと、ジャパンネット銀行カードローンの審査は厳しめで、かつ金利も消費者金融とほぼ変わりません。

 

ジャパンネット銀行カードローン審査はどこがやる?

ジャパンネット銀行が貸付を行うのだからジャパンネット銀行が行うのでは? と普通は思いますが、カードローン審査に関してはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、旧社名:プロミス(現在はブランドとしてプロミスの名前を維持)が行います。

プロミスには卓越した与信審査ノウハウが存在しており、三井住友銀行系列やその友好金融機関などでの保証業務を担当しています。

保証業務とはなんぞや? という方は「銀行カードローンと貸金業者の保証業務」をご覧ください。

元々銀行は住宅ローンなどの比較的金額の大きくかつ担保のあるローンの取り扱いには強いのですが、カードローンのような無担保・保証人無しの小口貸付に関するノウハウが弱い面がありました。

一方2006年以降段階的に施行された貸金業法の影響などで経営状況の悪化しつつあった大手の貸金業者にはそういった無担保の個人向けローンの審査ノウハウがありました。

そこでプロミスを始めとした大手貸金業者と大資本であるメガバンクとの結びつきが強くなった経緯があります。冒頭で述べたように、ジャパンネット銀行は三井住友銀行と結びつきが強くその保証業務を行う保証会社をsmbcグループのグループ会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)が担当しています。

 

プロミスカードローンとジャパンネット銀行カードローン審査の違い

プロミスもジャパンネット銀行もその審査基準や審査項目を明らかにはしていませんのでどういった基準で審査を行っているかは完全に企業秘密です。

ただ、同じ会社が行うサービスですがその審査基準はジャパンネット銀行カードローンの方がより厳格であると言われています。

保証会社の役割は、カードローンなどの与信審査をすることもそうですが、それ以外にも債務の督促や返済不能になった際の代位弁済も担います。代位弁済とは返済不能になった借主の代わりにプロミスがジャパンネット銀行に債務の支払を行うことを指します。

ですので、返済の見込みがない借入希望者などに貸付を行うと保証会社側に損害が出る可能性があるうえに保証料が入ってこないため自社で行うよりも厳格な審査をすると言われている訳です。

なお、プロミスのカードローン審査の基準などについては「プロミスカードローン審査」をお読みください。

また、両社のカードローンサービスにおいては以下の2点における明確な違いが存在しています。

・専業主婦の方が借入できるか否か

・総量規制の影響を受けるか否か

これはどちらも貸金業法の影響を受けるかどうかの違いになります。

関連:カードローンと貸金業法

プロミスは貸金業者に分類されていますので、貸金業法の対象となり年収の3分の1を超える貸付をすることはできません。ですので、収入のない専業主婦の方などは利用できないようになっています。

一方ジャパンネット銀行は銀行法第4条により普通銀行免許を取得している銀行ですので、貸金業法の適用は受けないため総量規制の対象とはならず、配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも利用ができます。

ジャパンネット銀行カードローン審査基準(推定)

ジャパンネット銀行カードローンの審査基準は明らかになっていないため以降は完全なる推測に基づく話になりますのであらかじめご了承ください。

銀行カードローン審査において重要なのは優先度順に以下のようになると言われています。

1:信用情報

2:年収

3:勤続年数

カードローン審査で最も重要なのは「信用情報」です。

中でも過去に金融事故を起こしていないかという部分は非常に重要でカードローン審査の可否を明確に分ける項目と言えます。

関連:カードローンと信用情報

信用情報に傷がついているようですと、カードローンの借入は難しいと言えます。

次に重要なのは年収です。

アコムを始めとした消費者金融では150万以上あればカードローンの利用ができますが、ジャパンネット銀行の場合は最低でも250万以上の収入はほしい所です。基本的には300万を上回るようならジャパンネット銀行カードローンを、それを下回るようならアコムの利用をするのがよいでしょう。

勤続年数もとても重要です。

借入をする際は最低でも1年以上の勤続年数はほしい所です。

ジャパンネット銀行カードローンの評判・口コミ

*あくまで個人の感想です。

早くて便利だなと思いました

主婦評判

キャッシングを利用する時の申込に手間をかけたくなかったのでネットで申込が出来る業者を選ぶ事にしました。

それでジャパンネット銀行の口座を持っていたのでジャパンネット銀行のネットキャッシングに申し込みをしました。まずホームページから必要項目を入力して申込をしました。

その後に審査が開始されて待つ事1時間半でメールで審査結果の通知が来ました。審査は可決されていたのでその後契約手続きの完了のメールが来て融資可能となりました。

借り入れは振込キャッシングを利用して自分が持っているジャパンネット銀行の口座に振り込んでもらいました。

申込から借り入れまで約2時間でしたので早くて便利だなと思いました。

また初めての利用という事で最初の30日間は無利息になって利息を減らす事も出来たので文句の付けどころがないカードローンだと思いました。

よく使用していました

イマイチ以前、ジャパンネット銀行のカードローンを利用していました。まとまったお金が欲しかったのと毎月の生活費が厳しい時に借りようと思い申請しました。

利用限度額は、最低限の収入があれば、それ以外は収入に関係なく50万円になっていました。

契約の期間は基本的には2年単位で自動更新される場合もありますが、この期間内に返済を完了する必要がありますね。借入れにおいての金利ですが15%程度で他の消費者金融と比べたら割安だと思います。

借入れの方法ですが、自動融資や振り込み時自動借入れなどの方式もありましたが、それだと無限ループで借りてしまいそうで怖かったので、通常のインターネット借入れをよく使用していました。

月々の返済額は元金が10万円以下なら3000円とリーズナブルで10万円以上だと6000円、30万円以上だと10000万円でした。

他の消費者金融ですと30万以上借りると15000円の返済を求められていたので、こちらは非常に楽でした。インターネットからいつでも利用明細や残額の照会ができたのがとても便利でしたね。

手間がかからずとても便利です

若者評判ジャパンネット銀行のカードローンを利用してみてとても便利だなと思いました。
はじめての借入から30日間は無利息なので安心して利用できました。
ジャパンネット銀行に限らずネット銀行の良い所は申込み・借入・返済すべてネットで完結できる事だと思います。
ジャパンネットも勿論ネットで返済する事が可能なので、手間がかからずとても便利です。
しかも約定返済日が自分で選択する事ができるので、計画的に返済する事ができました。
ネット銀行を利用するのに抵抗がある人も今だにいると思います。
私も実際に最初は不安でした。
でもいざネット銀行を利用してみると、こんなにも便利なものがあったんだと気づかされました。
今ではネット銀行を利用して本当に良かったと思っています。

なんという便利な機能でしょう!

 

きっかけはWEB広告にあった募集記事です。
オークションやフリマアプリなどをやっておりまして、WEBで動かしたお金をできるだけ手数料がかからないように利用できるものが無いかと思っていた矢先に、
ジャパンネット銀行の口座開設の募集広告がありました。
ネットですべて完結とあったので、手軽さに心動かされ、口座開設手続きを始めました。
さくさくと口座開設手続きを進めていく途中で、同時にローン審査するかという問いかけがありまして、
「ローン通るんだろうか?」という素朴な疑問がよぎったため、「店頭に行くわけではないし、使うことがあるかもしれないし」という安易な考えで
「ローン審査する」とうボタンを押し、なりゆきで審査の結果を待つことになりました。

銀行の口座開設手続き中、「とりあえずいくら借りますか?」というような選択肢が出てきましたので30万円借りてみました。
この時点ではローンを組むという感覚ではなかったので、全く規約を読んでいなかった事もあり、返済が頭をよぎることがありませんでした。
ジャパンネット銀行のカードでは自分の口座から引き出す感覚で現金を引き出すことができます。
残高がなくなればボタン一つでローンを実行し、口座に残高を作る事が出来ます。なんという便利な機能でしょう!
返済日の1週間前になりますと、メールで案内が来まして、「ご返済は〇〇日です。」と。
突然の出来事に驚きを隠せず、返済っていくら?どうやって返すの?いくら借りたっけ?とあたふたしながら規約を調べ始めました。
結果、口座にローンで入金した残高がほぼ手つかずでありましたので、そこから毎月決まった金額ずつ返済に充てられているようです。
よく考えれば必要もないのに借入したローンで少しずつ返済しているということは、金利分丸々損をしているということに気が付き、
カードローンは事前によく調べ、理解したうえで契約をしたほうが良いと身に染みて実感した次第です。

 

ジャパンネット銀行の在籍確認

在籍確認というのは、カードローン借入申し込み者が本当に記載された勤務先に在籍しているかを確認するための業務です。

関連:カードローンと在籍確認

ジャパンネット銀行の在籍確認も保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が行います。

プロミスは在籍確認の際に会社名ではなく担当者の個人名で連絡をします。

カードローンの利用を第三者に知られてしまうことは法令違反となるため借入希望者以上にカードローンサービス提供会社の方がこの辺りには注意を払っています。

どうしても会社への在籍確認をされても困るという方は「会社への電話連絡のないカードローンサービス」をご覧ください。

専業主婦の方が申し込みをされる場合は配偶者の方の情報をもとに審査がされますので、勤務先に在籍確認の連絡が行きます。

ですので、あらかじめ配偶者の方には借入の相談をしておく必要があると言えるでしょう。

どうしても職場に電話が来るのが困るという方はSMBCモビットのWeb完結申し込みを利用するのがよいでしょう、

⇒SMBCモビットについて詳しく見る