三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資している住信SBIネット銀行

同行のカードローン審査について見ていきましょう。

外部リンク:住信SBIネット銀行MR.カードローン

住信SBIネット銀行MR.カードローン概要

金利:1.59%~14.79%
利用限度額:10万円~1,200万円

住信SBIネット銀行MR.カードローンの評判・口コミ

 

*あくまで個人の感想です。

金利面では大変メリットが大きいと感じています

436396sはたまに住信SBIネット銀行のカードローンを利用しています。
利用したきっかけは、息子が一人暮らしを始めることになってマンションを契約するときに、敷金や礼金、不動産会社への手数料などの費用30万円を用意できなかったため、あわてて住信SBIネット銀行のMR.カードローンに借り入れを申し込んだためです。
私がこの銀行を選んだポイントは、金利の低さです。
大手消費者金融ならば金利は18%ですし、ほとんどの銀行のカードローンの金利も10%を超えています。
ところが、住信SBIネット銀行のMR.カードローンの金利は、次の3つの要件を満たしていると、金利の上限が8%未満で借りることができるのです。
3つの要件とは、住宅ローンの利用者であり、SBIカードというクレジットカードの利用者であり、SBI証券に口座を持っていることです。
私の場合は、金利7%台で借りることができました。金利面では大変メリットが大きいと感じています。

使い勝手がいいのが気に入っています

438949s元々複数のローンをひとつにまとめる意味でSBI銀行でMR.カードローンの審査を受けました。
審査から借りられるようになるまでに時間はかかりましたが、使い勝手がいいのが気に入っています。
まず金利が低いのがいいです。
最高でも8%にいかない金利ですので無理なく返済できると思います。
また、随時返済ができるところもいいです。月々の返済額の他に余裕があるときは1円からでも自由に返済できます。ネットからいつでも気軽に返済できるので早期完済が目指せます。
さらにいくら借りた、いくら返済した、金利はいくらかという明細がきちんとあるので、残高がいくらあるのかが見たいときにネットでいつでも見ることが出来ます。
最近は月々の返済額が改定されて以前より低くなったので、かなり返済の負担が減ったのがありがたいです。

契約しておいて損はないと思います

462825s住信SBIネット銀行のMR.カードローンを利用しています。
年利5.4%で、他のキャッシングに比べたら相当に低金利です。

返済も住信SBIネット銀行の口座からいつでも自由に返済可能ですし、借りた際の資金移動も当然スムーズです。

一番金利の低い人は、1.9%程度で借りることができるみたいですが、どうやったらその条件になるかは不明です。

調べたこともありましたが、結局分かりませんでした。

住信SBIは証券も行っているので、SBI証券の口座を持っている人などは、使う予定が無くても、とりあえずもしもの時のために契約しておいて損はないと思います。

絶好の買い時などで、即座に入金が必要な時に大変便利です。

自分が契約した時には、キャッシュバックキャンペーンをやっていたので、更にお得でした。

 

住信SBIネット銀行MR.カードローン審査

 

MR.カードローンは審査の内容を一切公表していませんが、基本的に金利の低さと審査の厳しさは比例の関係があるため、住信SBIネット銀行カードローンの審査は厳しいものと予想されます。

MR.カードローンも他の銀行のカードローンと同様住信SBIネット銀行が審査をするわけではなく、保証会社が行います。

MR.カードローンの保証会社にはSMBCコンシューマーファイナンスの名前があり、保証業務を行っているようです。

SMBCコンシューマーファイナンスの名前を聞きなれない方もいらっしゃるかも知れませんが、2012年にプロミスが社名をSMBCコンシューマーファイナンスに変え、プロミスはブランド名として残している状態になっています。

プロミスが審査を担当しますが、その審査はより厳格に行われると思った方が良いでしょう。

参照:プロミス審査について詳しく

また、プロミスが行うのは仮審査にとどまり、仮審査後には住信SBIネット銀行による本審査が行われます。

 

審査の流れ

住信SBIネット銀行の審査は

① 申し込み

② 保証会社と住信SBIネット銀行による仮審査

③ 仮審査の結果連絡

④ 住信SBIネットによる本審査

⑤ カードローン口座開設

という流れになります。

 

外部リンク:住信SBIネット銀行MR.カードローン