いまや本業のエレクトロニクス部門よりも順調と言われているソニーの金融部門

今回はそんなソニーの金融事業の柱であるソニー銀行カードローンの審査について見ていきましょう。

ソニー銀行カードローン概要

・PC、スマートフォンで申し込みが完結

・最短60分で仮審査結果回答

・300万円までは年収証明書の提出が不要

・金利は2.5%~13.8%

・借入限度額は800万円

・コンビニでの借入返済におけるATM手数料0円

・ソニー銀行の口座があれば最短即日融資

・返済日が選べる

・利用明細がWEBでチェックできるので自宅に郵送物が届かない

借入上限金額の大きさや金利面などメガバンクのカードローンサービスにさえ匹敵するスペックと言え、自宅に郵送物が届かない点などは家族にカードローンの利用がバレたくない人にはうれしいサービスのある、総合力に優れたカードローンサービスだと言えるでしょう。

 

ソニー銀行カードローンの評判・口コミ

 

*あくまで個人の感想です。

契約する前も契約した後も踏む手順が多いなというのが印象でした

会社員評判今回自分はカードローンの契約とともに新規口座を開設することとなりましたが、初回の利用は指定口座へ振り込んでくれるため急な入用で契約したのでありがたかったです、ただし最短でも本審査の結果は翌日なので、よくある即日融資とは違います。
これは自分だけが経験したことかもしれませんが、身分証明書の送付方法が郵送かFAXのみに限られており、急いでいた自分の場合「FAXで送られてきた証明書の印刷の色が薄すぎて見えないのでもう一度お願いします。」といったやり取りがあったこともあり、サービスや契約内容よりもそういったところで少し煩わしさを感じました。
ウェブサイトへログインする際に認証作業が多いため、安心である反面少し煩わしさも。契約する前も契約した後も踏む手順が多いなというのが印象でした。

便利だと感じました

女性評判親戚の結婚式に出席することになり、ご祝儀代金としてソニー銀行のカードローンからお金を借りました。

ソニー銀行のカードローンはネット銀行ならではの金利の良さが魅力的で、金利は最大でも年13.8%とかなりの好条件だったので、この銀行のカードローンを選びました。

スマートフォンを使って申し込みを行い、当日中には仮審査通過の連絡をいただくことができました。

本審査ではすでにソニー銀行の口座を持っていおり、尚且つ少額の限度額で申し込みをしたので、書類の提出は不要でしたし、本審査の申込手続きをした2日後には審査通過の連絡が貰えたので良かったです。

ローン専用カードが届いた後は早速借り入れをしたのですが、セブン銀行やイオン銀行のATMが手数料無料で使えるのが便利だと感じました。

本当に手続きはとても楽です

サラリーマン社会人1年目で車がどうしても必要になり、他の金融機関での借り入れが出来なかったためソニー銀行のカードローンを利用しました。
中古車で約60万円の軽自動車の購入が決まっていましたが、この内35万円を融資してもらいました。
良かった点はスマホで全て手続きが完了する点です。平日と休日出勤で土曜日も仕事があるのでこれは助かりました。
私は借入金額が少なかったので年収証明書も必要無かったので本当に手続きはとても楽です。近くのコンビニで借り入れ・返済できるのでいざという時に心強いと感じました。
ネット銀行でカードローンを組むと金利が高くて返済が大変と周りに言われましたが、私はボーナスも入ったので半年で返せました。

 

 

ソニー銀行カードローン審査

 

さて、今回の本題であるソニー銀行カードローンの審査ですが、多くの銀行カードローンがそうであるようにソニー銀行が行う訳ではありません。

ソニー銀行カードローンの審査は、保証会社であるアコム株式会社が行います。

保証会社という言葉は聞きなれない方の方が多いと思いますが、カードローンの審査や借主が返済不能になった際など代わりに銀行への返済(代位弁済)を行うと言った保証業務を行う機関のことを指します。

無事に借主が借入を返済した場合には利息の一部を保証料として得ることができますが、何らかの自由で返済ができなかった場合は借入を肩代わりしなければならないため、アコム本体のカードローン審査よりも厳格であることが予想されます。

いずれのカードローンサービスもその審査内容については一切公表していませんが、個人の属性に関する「属性スコアリング」と信用情報に基づく「信用情報スコアリング」を総合して与信能力を判断するスコアリングシステムで審査を行うことがよく知られています。

関連:カードローン審査の項目

 

銀行のカードローン審査において重要なのは

 

① 過去に金融事故をおこしていないか

② 年収

③ 勤続年数

④ 勤務先の規模と雇用形態

の4点であると言われています。

中でも①の過去に金融事故を起こしていないかという点は非常に重要で、過去に債務整理や返済延滞などの悪質な金融事故を起こしている場合は審査の対象外になります。

年収に関しては明確な基準があるかどうかは不明ですが、最低でも300万円はほしい所です。両親の同居や持ち家などの要素の総合で決まるため年収250万円でも審査に通過している例はあるようです。

勤続年数は基本的には1年はほしい所です。2年を超えるとスコアリングは跳ね上がりますが半年未満だと厳しい判断が下されることを覚悟しておいた方がよいでしょう。

ただ、最近では長期的な利用を見込める若年層の顧客を獲得したい意図もあり、④の勤務先の規模や雇用形態などを重視することも多くなってきました。

過去に金融事故を起こしておらず、年収は300万、勤続年数は2年以上、上場企業に勤めている正社員もしくは公務員と言った方はまず審査を通過するものと思われますが、そうでない場合はそのほかのスコアリングとの兼ね合いで決まると思った方がよいと思われます。

カードローンの借入審査に通過するかどうかという簡易的なチェックができるプロミスSMBCモビットなどのサービスもあるためそちらを利用するのもよいでしょう。