カードローンを利用する際には返済のことも考えて借入申し込みをすることがとても重要になってきます。

今回はカードローンの返済が遅れてしまうとどうなるかを見ていきましょう。

 

信用情報機関に履歴が残る

カードローンの利用状況は逐一貸付を行っている金融機関から信用情報機関へ行われます。

 

参考:カードローン審査において重要な信用情報

 

利用者の借り入れ状況などは貸金業法における総量規制制度維持のためにも常に各金融機関で把握しておくべき情報ですので、登録の遅滞や登録忘れなどは当然許されません。

3か月までの遅滞は情報信用機関に登録されないというのはよく言われることですが、信用情報機関にはかなり細かい情報が登録されるため、返済の遅れなどの情報自体は登録されます。

ただし、返済の遅れとして登録されるかどうかは別です。

取引の記録は基本的にすべて信用情報機関に登録されますが、金融機関側が金融事故として登録するかどうかは少し別な話で、基本的に3か月未満の返済の遅れであれば金融事故としては登録しないところが大半です。

とはいえ、返済に遅れたこと自体は確かな事実であるため、次回以降のスコアリングを落としてしまう結果にはなります。

クレジットカードの支払遅れはカードローン審査に影響する?」の記事にある体験談のように支払が遅れるもしくは滞納してしまうというのは大きくスコアリングを落とすことになるため、絶対に避けなければならないことであると言えるでしょう。

 

延滞と遅延

延滞が3か月をすぎるかどうかというのはカードローン審査の分水嶺だと言えます。

金融用語において「延滞」と「遅延」という2つの単語が存在しています。

遅延というのは返済期日から長期的に支払いがなかったケースのことを指します。

長期というのは2か月の場合と3か月の場合がありますが、基本的には2か月以上の遅れがあれば「延滞」となります。

一方遅延というのは短期的な支払の遅れという意味になり、返済期日より2か月未満(3か月未満)支払いがなかったケースを指します。

なお、消費者金融が多く加盟するJICCにおいては、3か月以上返済していなかった場合には「延滞情報」が登録されるようになり、延滞解消から1年間は情報が登録され続けます。

どのような情報が情報信用機関に登録されているか知りたい場合はJICCやCICの情報開示手続きを踏むと良いでしょう。

参考:JICC情報開示手続きのご案内

参考:CICホームページ

 

どうしても返済が遅れる場合は金融機関に電話連絡

どうしても返済が遅れる場合は必ず金融機関に電話を一本入れましょう。

電話連絡をするかどうかで金融機関側の対応も大きく異なってきます。

基本的に返済期日を守れないということは、重大な契約違反ともいえるため、悪質な遅滞などは契約解除の対象ともなりえます。

カードローン各社は情報信用機関などの外部からの情報のほかに、内部だけで持っている情報というものがあります。

あらかじめ支払いがどの程度遅れるか、いつまでに入金できるかなどを連絡しておくと、外部情報は元より内部情報のスコアリングも落とさずに済む場合があります。

この辺りの対応は金融機関によって違いますし、状況によっても金融機関側の対応は異なります。

金融機関によっては期日までに返済ができない場合は新たな借り入れが出来なくなるところもある一方で、事前連絡さえあれば遅延損害金の発生さえないところもあります。

金融機関というのはその成立過程において「信用」を最も大切な要素として発展をしてきました。

例え支払が遅れてしまったとしても「信用」を落とさないような対応をするのが望ましい対応だと言えるでしょう。

黙って不払い状態などは論外ですが、焦って他社に借り入れ申し込みなどを行うのもよくない行為です。

各金融機関は情報信用機関を通じて情報をある程度共有しており、他社の借り入れ状況などはカードローン審査の要ともいえる要素です。

カードローン支払のための新たなカードローン申し込みは審査に通過しないだけでなく、最も重要な「信用」を大きく落としてしまう行為です。

返済の遅れがある場合は必ず事前に電話連絡をするようにしましょう。

 

遅延損害金

ほとんどの金融機関においてカードローンの返済が滞った場合は「遅延損害金」が発生することになります。

カードローンというのは「お金」レンタルをしているサービスですので、ある意味ではレンタルビデオの延滞金と似ていると言えます。

レンタルビデオの延滞金には本来そのビデオを貸していた場合に得られたであろう利益の補てんという意味もあり、カードローンの遅延損害金にも似た性格が見られます。

迷惑料という側面よりも、お金という万能商品を利用できなかった分の支払という面で金利と同じ性格を持った概念と言え、遅延損害金の利率も上限金利同様20%前後になっています。

遅延損害金の計算方法は

 

借入額(元金)×遅延損害年率÷365日×延滞日数分

 

となっています。

基本的には金利の計算式と同様です。

もちろん通常借入の分の金利や月々の通常返済もあるため、返済の負担は大きくなってしまいます。

カードローンの返済が遅れることによるメリットとデメリットまとめ

カードローンの返済が遅れるメリットは御覧の通りただの1つも存在していません

逆にデメリットは

・内部・外部ともに信用情報スコアリングが著しく低下する

・遅延損害金が発生する

・場合によってはカードローンの使用停止・契約解除になる

 

とかなり大きなものになります。

カードローンの申し込みの際は、返済することをきちんと考え、無理のない借入をするのが大切ですね。